マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう) / 心理カウンセラー

京都カウンセリングラウンジ

コラム一覧:健康・美容・ダイエット

RSS

ご飯(炭水化物)は太るというデマはどうして拡散したのか? ~ご飯こそ優れたダイエットサポート食品~

2019-12-10

ダイエットの勘違いや誤解についてはまだまだあるのですがよく言われるのはご飯を食べると太る(太りやすい)ということです。ご飯。つまりお米(白米)に炭水化物のことですが何度も言いますように、ご飯を...

ダイエットを勘違いすると摂食障害など健康を害してしまう

2019-12-06

ダイエットにおける勘違いとは、体重の数値を目標にしてしまうことです。確かに体重は数値目標として一定の目安にはなりますが60キロや50キロと数値ばかり気にしてしまうと何としてもその目標に向かって減量...

見ても覚えてない情報番組(コーナー)は何の価値もない

2019-10-31

例えば健康情報番組を見て何々に効果があるというストレッチや体操を紹介されても皆さんきちんと覚えてらっしゃいますか?継続して続けてらっしゃいますか?しかも効果を実感されましたでしょうか?たいて...

「もずく酢」はダイエットと健康の両方を満たしてくれるパーフェクト食材

何の脈略もなく、いきなり唐突にお伝えしておこうと思ったのですがダイエットを気にされている方にはもちろん健康に関心のある方にオススメしたい健康食材を思い出したのです。それは「もずく酢」です。も...

夏バテ、熱中症回避には、こまめな水分補給を

夏は基本的に消化能力が落ちます。更には飲んで飲んでしますから食物を消化する機能はますます低下しなかなか食べ物を消化しきれなくなってしまうんですね。ただでさえ消化機能が落ちているところに飲料の...

歳のせいで疲れを感じやすいとお感じの方は、体力のせいにするのをやめて健康を取り戻す

2019-07-29

人間歳を取ると、疲れや疲労が如実に現れます。しんどいな、疲れたなと体力的な衰えを感じてしまうものですが疲労感の全てを歳のせいにしてしまわないことが大切です。疲れは何も体力の衰えからくるものば...

食べ過ぎ、過食を抑えるための意識改革

2019-07-21

食べ過ぎる、過食で悩んでいるという方は本当に多いですしお問い合わせいただく内容でもかなりの件数を占めています。また、圧倒的に女性が多いのも特徴的でしょうか。ダイエットと言うより、食べすぎること...

食中毒対策と夏バテ対策にオススメの健康食材 ~酸っぱ辛いが体を守ってくれる~

2019-06-13

食中毒対策に必要なこととしてお酢、わさび、レモン果汁などの酸っぱ辛い食材の摂取を推奨いたします。お酢には食材の防腐効果がありますし、体にとっても栄養源になるものです。そして夏バテ対策や疲労回復...

また新たにSNSで話題に?「イヌリン」とは何か

2019-05-29

皆さんは「イヌリン」ってご存知でしょうか?イヌリンだから犬の何かだと思われるかも知れませんが犬とは関係なく、食物繊維です。最近注目の栄養成分ですね。様々な食品やサプリメントに使用されています...

炭水化物抜きダイエットは健康を害すだけの危険ダイエット

炭水化物は太るように言われ、ダイエットの天敵のように言われてますが実は炭水化物というよりも、トウモロコシなどの穀物を摂取すると太りやすいと思うんですね。もちろんトウモロコシも炭水化物には変わりな...

心理カウンセラーオススメ!身体メンタル一挙両得の「オーロラエクスキューションストレッチ」

2019-05-10

かなりマニアックな話になって申し訳ないのですが漫画アニメ、【聖闘士星矢】の中に登場する人物で“キグナス氷河”というキャラクターをご存知でしょうか?その氷河の必殺技の一つに「オーロラエクスキューシ...

スキンケア対策の勘違い ~保湿しただけで肌荒れは改善しない~

2019-03-23

肌荒れ対策やアンチエイジングの美容の一環としてスキンケアに取り組んでいる女性は多いと思います。一切何の対策もしていないという人は少ないのではないでしょうか。そんな肌荒れ対策ですが皆さんはクリ...

体が疲れやすくなる原因は何か? ~体の疲れや体力の衰えはメンタルにも影響する~

2019-02-27

慢性的にしんどい状態が続いていると生きることにも疲れを感じてしまうものです。特に高齢になって体力や身体機能などが衰えてくると生きてるのもしんどい状態になってしまいます。アスリートやスポーツを...

過食は若い人に多いワケ ~つい食べすぎてしまうのは食べてもエネルギーを発散する場がない~

2019-02-22

段々食が細くなり、身体が思うように動かなくなり目も見えづらく、耳も聞こえにくくなるのが老化です。つまり食べるというのは生きようとする意思があるということ。生きるエネルギーに溢れている証拠なんで...

お肉は優れた健康食品なのに、肉食が健康に悪いという常識はどうして根付いたか

2019-02-01

高齢になると肉食を控えるのではなく、むしろなるべくお肉を食べたほうが良いと言われますがそもそも肉食がいけないだなんて誰が言ってるのでしょうか?お肉は栄養が豊富で、新陳代謝の促進や滋養強壮、体力維...

この専門家が書いたJIJICO記事

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

2019-10-11

実は秋から冬にかけての季節の変わり目に精神的に不安定になり、気分が落ち込む人は少なくありません。どのようなメカニズムでそのような状態になるのか、秋の不調の予防や対処の仕方について心理カウンセラーの宮本章太郎さんにお話を聞いてみました。

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

2018-12-14

吃音は社会の理解が進んでおらず、一人で悩みを抱え込んでしまうことが多い言語の症状です。子どもの場合、学校でからかわれいじめに発展することも。吃音の症状や当事者が求めるケアと接し方について専門家が解説。

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

2018-08-18

不機嫌な人が一人でもいると場の空気が悪くなり、パフォーマンスの低下にも繋がります。そこで上機嫌と関連が深い「お笑い」の要素を例に、上機嫌を保つためにはどうすれば良いのかを心理学の観点から解説していきます。

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

2018-07-17

京都で私服高校が減少し、制服を導入する動きが強まっています。「制服がある方が統一感があっていい」との意見があるからだそうですが、その一方で起きるであろう問題点、LGBT(性的少数者)への配慮はできるのかを考えていきます。

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

2018-06-14

依存症は生活習慣病と同じように“習慣の病気”です。ギャンブル、アルコール依存症のように、良くない習慣を断つにはどうすればいいのでしょうか?依存しないための心構えを解説しています。

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

2018-05-13

大型連休が終わり、日常生活に戻る中で体調やメンタルに不調を感じる人が増えています。連休疲れや春バテから脱却するために、うまく気持ちを切り替える方法を解説しています。

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

2018-04-02

生活の質が高い都市ランキングが話題になりました。私たちはどのような都市に住めば心豊かな暮らしができるのか?心理学の観点から考えると、物理的な場所そのものよりも「心の居場所」のあり方が重要です。

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

2018-03-12

嫌な事やつらい経験はいつまでも記憶に残るものです。どうすれば早く忘れられるのか?記憶のメカニズムを応用した方法をご紹介いたします。

「うつ」への無理解を乗り越えるために大切なこと

「うつ」への無理解を乗り越えるために大切なこと

2017-10-08

うつ病は見た目にはわかりにくい脳の病気です。周囲の無理解に苦しむ人は孤独に治療を続けるしかないのでしょうか?心理カウンセラーが解説します。

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

2017-08-04

長時間労働による過労自殺が問題になる中、職場でのメンタルヘルス対策は急務となっています。心の病に対する偏見も多い中、メンタル不調者への適切な対応とは。

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

2017-05-29

誰から責められているわけでもないのに、すぐ自分は悪くないと自分の正当性を主張する「私は悪くない症候群」と言われる人がいるそうです。私は悪くない症候群の人が増える要因とその対策について解説しています。

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

常にスマホをいじっているような人はストレス状態にあるそうです。情報が気になって仕方がないため、ついスマホをいじってしまうのはわかりますが、ではどうすればストレス状態から脱却できるかについて解説します。

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

2017-02-15

ミスが続くとどうしてもイライラしたり落ち込んだりしてしまうものです。そんな負の感情がわき上がってきたときはどうすれば良いのか?認知行動療法を活用した解消法をご紹介致します。

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

2017-02-13

近年イジメの暴行・傷害事件が増え、一つひとつのイジメが深刻化したように感じます。イジメが深刻化するようになった背景と、イジメが深刻化してしまうのを防ぐ対策を解説します。

疲労と密接な脳と自律神経の不調 回復させるにはどうすれば良いか?

疲労と密接な脳と自律神経の不調 回復させるにはどうすれば良いか?

いくら休んでも疲れが取れない。そんな慢性的な疲労感は自律神経の不調と脳が原因だったのです。疲れを感じるメカニズムの解説と、具体的な疲労回復方法を紹介します。

宮本章太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-432-0901

 

ご予約、お問い合わせ、お気軽にお電話ください。お待ちしております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎

京都カウンセリングラウンジ

担当宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

地図・アクセス

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-03-28
rss
ブログ
2020-03-28
youtube
YouTube
2019-01-04
facebook
Facebook