マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

カテゴリ:
くらし
キーワード:
マインドフルネス

スマホをいつもいじっている人はストレス状態?

d68fefd261b456cdb5c541cf16569987_m

アメリカ心理学会によると、いつもスマホをいじっている人はストレス状態にあるそうです。
スマホをいじっているからストレス状態にあるのか?
それともストレス状態にあるからついスマホをいじってしまうのか?
いずれにしてもスマホをいじっているような状況では落ち着けないので、どうしてもストレス状態になってしまうのは間違いないでしょう。

ストレスが引き起こす体の症状

ストレスというのは怒りやイライラするといった感情的なことではなく、興奮状態や緊張状態のような状態のことだとお考えください。
自律神経で言えば、副交感神経よりも交感神経が優位な状態ですね。
つまり交感神経が常に働いている状態ですから、自律神経が乱れて不調になり、自律神経失調症のようになってしまいます。

これらの症状はハッキリとした自覚症状がなく、何となく体がだるかったり常にイライラしていたり、自分ではしっかり休んでいるつもりでも疲れが取れず、常に倦怠感や疲労感とともに、不眠症を伴うことがあるのも特徴です。

特にスマホでニュースチェックなどの情報収集が欠かせなかったり、メールやSNSが気になってしかたがないような人は、常にスマホをいじってないと気分が落ち着かず、また、いじっている間もずっと落ち着きませんので、これが悪循環となって自律神経失調症に陥りやすくなります。

ストレスは人間関係にも悪影響を及ぼす

そしてスマホをいじってない時でも常に緊張状態にあるわけですから、普段のコミュニケーションでも常に気を張ったままの状態で、落ち着きのない態度で相手と接してしまい、人間関係まで上手く築けなくなるのです。
こうして人間関係がわずらわしくなれば、またスマホに傾倒する悪循環に陥っていきますので、スマホをいじればいじるほど、余計ストレスを抱え込む原因になってしまいます。

ここまでになると、もはやスマホ依存と呼べる状態であり、やめようと思ってもなかなか自分の意志ではやめられません。
ではこの悪循環から抜け出すためにはどうすれば良いのでしょうか?

出来るだけスマホをいじらないために何をすべきか?

なるべくスマホをいじらないようにしたり、スマホと距離を置くことが出来れば理想ですが、もしそれが出来ないなら、あえてスマホにあるアプリを利用した体験型の楽しいイベントに参加してみるのも良いでしょう。

例えば歩いた距離や消費カロリーによってポイントが貯まったり、イベントに参加すれば景品と交換できるプログラムなど、利用すればするほどお得になるようなデジタルコンテンツと企業イベントなどを上手く連動させながら、徐々にスマホから離れられる時間を作るようにしていくのです。

そうすればスマホは利用していても、スマホに振り回されてイライラすることもなくなりますし、人間関係のコミュニケーションの幅も広がって、経済活性化や健康増進にも繋がるのではないでしょうか。

スマホに利用される立場からスマホを利用する立場へ。

スマホばかりいじっているとどうしても周りに近寄りがたい印象を与えてしまいますし、スマホから離れれば人間関係も充実してストレス改善にも繋がりますので、なるべくスマホから離れられるように取り組んでいきましょう。

また、マインドフルネスや安定した睡眠時間を確保するのもオススメですよ。

宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎さん(京都カウンセリングラウンジ)

Share

関連するその他の記事

こんな時だからこそ子どもと一緒に楽しめるゲームにチャレンジ!

新型コロナの影響で、子どもたちの遊ぶ時間が減りストレスが溜まってしまいます。そこで、親子で楽しめるゲームを紹介します。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

外出自粛による休業中、休校中の空き巣被害が続出 狙われる店の特徴、効果的な防犯対策とは?

泥棒が侵入をあきらめる条件や、日ごろからできる防犯対策とは。防犯・危機管理アドバイザーの神田正範さんに聞きました。

神田正範

神田正範さん

犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師

消毒用アルコールに潜む火災危険性について

新型コロナウイルスの感染拡大によって、消毒用アルコールの使用機会が増加していますが、そんな消毒用アルコールの火災危険性について紹介します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

がんと向き合って生きるには…心理学の視点から

がんのように死と向き合わなければならない病気の場合は、「人生の意味」を重視する視点が手がかりに。「末期患者」では「自分史」を肯定的に書き直し、「生存者」は「今・ここ」に焦点を合わせて生きること。

村田晃さん

心理相談・カウンセリングのスペシャリスト

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す