マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう) / 心理カウンセラー

京都カウンセリングラウンジ

コラム一覧:人間関係・コミュニケーション

RSS

男性がケチなことはマイナス評価でしかないのか?

2019-12-17

あらゆる関係において言えるわけではないことを踏まえた上で男性のケチについて勘違いしている女性も多いと思いますが男性がケチなのは意中の女性にとってはメリットでしかないんですね。もし自分の夫となる...

親しい間柄でも、心の距離は必ずしも接近していなくても良い ~むしろ近づき過ぎは危険な場合も~

2019-11-06

皆さんは親しくなった人や家族同士でも誰に対しても心を開いて通わせないといけないとお考えではないでしょうか?たとえ親密な関係の人であっても必ずしも何でも言い合える仲でないといけないわけではないん...

不登校や引きこもりの人への周りができる支援

不登校、あるいは引きこもりの人には、本人がイキイキできる活躍の場を用意してあげることで徐々に自信を取り戻して社会復帰や生活習慣の改善に繋がりやすくなります。引きこもりの方は自分からはなかなか動け...

自分の主張の強さが人間関係を悪化させる ~論争に発展させない上手な人間関係の築き方~

2019-06-09

人は議論や口論をする時、自分の主張を相手に押し付けようとします。相手の主張は聞かず、とにかく自分の主張一点張りで相手の話に耳を傾けようとはしません。これを聞く耳がない、聞く耳を持たないと言いま...

厳しさの中には愛が含まれていることを知る ~あえて鬼にならなければならないケースもある~

2019-05-16

仕事や教育現場など、世間では「褒める」ことの効用や大事さが言われていますがもちろん必要なことだと思います。企業や学校、ご家庭でも、ぜひ取り入れて実践していただきたいものです。ただ一つ言えるのは...

礼儀やマナー、敬語が必要な理由 ~多様な価値観の中で生きるからこそ身につける必要がある~

2018-11-03

SNS時代の潮流でしょうか?初対面の人でも友達感覚のような態度の人が結構いるように思います。そんな時代ではありますが、そもそも礼儀やマナーってなぜあるのか?どうして必要なのかおわかりでしょうか?別...

伝わらない意思、どうすれば伝わる?

2018-10-18

今回のコラムは私事ですが、ぜひご参考にご覧くださいませ。たまに思うんですけど私は基本的に他人に興味はないですから特に深い意味もなく何の裏もなく、あまり深く考えずにパッとものを言ったりするんです...

夫やお子さんをダメにする女性の一言

2018-07-02

女性というのは基本的に口が達者ですからどうしても一言多くなるんです。言わなくても良い一言をつい言ってしまい自分では気づかぬうちに相手に不快な思いをさせてしまいます。一言で済めばまだマシ...

言葉より重い、セクハラという人権侵害 ~自分にとっての楽しさは相手にとっての楽しさではない~

2017-07-17

セクハラと言えば言葉は簡単ですけど、その内実は重大な“人権侵害”です。例えばセクハラのつもりはなくても、下ネタや人が不愉快になるような言葉を本人は何の悪気もなく軽い気持ちで言ってたとしても嫌...

会話にもルールを設けて話すと、今までのコミュニケーションが劇的に変わる

2017-05-18

皆さんはコミュニケーションの形ってどれも同じだと思ってますでしょうか?性格によって決まっていて、その中で相性の良し悪しや関係性も自然に決まってくるものであるとこのようにお考えではありませんか?...

同じ事をやってても男性と女性とでは捉え方が違う ~男女平等ではなく、平等な男女関係への取り組み~

2016-12-20

何だか女性は問題やトラブルを起こして騒動になるとすぐ服を脱いで自分の身体を売り物にしたり髪を切ったり自傷行為など自分を傷つける行為に走る印象があります。しかし男性は何かトラブルが生じてもそ...

子供の扱いに学ぶ、人間関係での人の動かし方

2016-03-02

皆さんは小さい子供に何かさせようとする時、どのようにしてやらせようとしますか?そもそも小さい子供に何かさせようとしてもなかなか言う事を聞いてくれませんし言う事を聞いて欲しければ丁寧に慎重に接...

人間関係最大の苦痛 ~人間関係でやってはいけない相手の存在の無視~

2016-02-18

人間関係で大きな苦しみになるのが、相手の存在の無視。これは人間関係で最もやってはいけないとされる、気を付けなければならない対応で例え相手が見えていても、相手が居るのをわかっててもまるでそこ...

信頼と実績の人間関係作り ~あなたの人間関係に改善の余地はあるでしょうか?~

2015-11-18

人間関係の改善や周りの人の好感を得たければとにかく明るく振る舞うようにしてみてください。自ら積極的にアピールやアプローチする必要はありませんが人から話しかけられたり自分の気分が沈んでるよう...

どうすれば相手の心を理解出来るか? ~思い込みや決め付けから脱却すれば人間関係が上手くいく~

2015-10-28

例えば皆さんはスーパーなどで売られてる“昔のコロッケ”と聞いてどうイメージしますか?一般的には昔ながらの製法や具材で作られたコロッケだったり昔風のコロッケを想像されると思いますが自閉症の人は...

この専門家が書いたJIJICO記事

外出自粛による休業要請や休校で広がる「#コロナ疲れ」 ストレスから心を守る方法は

外出自粛による休業要請や休校で広がる「#コロナ疲れ」 ストレスから心を守る方法は

ツイッターで「#コロナ疲れ」のハッシュタグでの発信が多くみられるなど、心の不調を感じる人が増えています。心の健康を守るために、今できることは。心理カウンセラーの宮本章太郎さんに聞きました。

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

2019-10-11

実は秋から冬にかけての季節の変わり目に精神的に不安定になり、気分が落ち込む人は少なくありません。どのようなメカニズムでそのような状態になるのか、秋の不調の予防や対処の仕方について心理カウンセラーの宮本章太郎さんにお話を聞いてみました。

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

2018-12-14

吃音は社会の理解が進んでおらず、一人で悩みを抱え込んでしまうことが多い言語の症状です。子どもの場合、学校でからかわれいじめに発展することも。吃音の症状や当事者が求めるケアと接し方について専門家が解説。

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

2018-08-18

不機嫌な人が一人でもいると場の空気が悪くなり、パフォーマンスの低下にも繋がります。そこで上機嫌と関連が深い「お笑い」の要素を例に、上機嫌を保つためにはどうすれば良いのかを心理学の観点から解説していきます。

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

2018-07-17

京都で私服高校が減少し、制服を導入する動きが強まっています。「制服がある方が統一感があっていい」との意見があるからだそうですが、その一方で起きるであろう問題点、LGBT(性的少数者)への配慮はできるのかを考えていきます。

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

2018-06-14

依存症は生活習慣病と同じように“習慣の病気”です。ギャンブル、アルコール依存症のように、良くない習慣を断つにはどうすればいいのでしょうか?依存しないための心構えを解説しています。

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

2018-05-13

大型連休が終わり、日常生活に戻る中で体調やメンタルに不調を感じる人が増えています。連休疲れや春バテから脱却するために、うまく気持ちを切り替える方法を解説しています。

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

2018-04-02

生活の質が高い都市ランキングが話題になりました。私たちはどのような都市に住めば心豊かな暮らしができるのか?心理学の観点から考えると、物理的な場所そのものよりも「心の居場所」のあり方が重要です。

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

2018-03-12

嫌な事やつらい経験はいつまでも記憶に残るものです。どうすれば早く忘れられるのか?記憶のメカニズムを応用した方法をご紹介いたします。

うつ病が理解されない…家族、親、会社が考えるべき大切なこと

うつ病が理解されない…家族、親、会社が考えるべき大切なこと

2017-10-08

うつ病 対策

うつ病は見た目にはわかりにくい脳の病気です。周囲の無理解に苦しむ人は孤独に治療を続けるしかないのでしょうか?心理カウンセラーが解説します。

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

2017-08-04

長時間労働による過労自殺が問題になる中、職場でのメンタルヘルス対策は急務となっています。心の病に対する偏見も多い中、メンタル不調者への適切な対応とは。

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

2017-05-29

誰から責められているわけでもないのに、すぐ自分は悪くないと自分の正当性を主張する「私は悪くない症候群」と言われる人がいるそうです。私は悪くない症候群の人が増える要因とその対策について解説しています。

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

常にスマホをいじっているような人はストレス状態にあるそうです。情報が気になって仕方がないため、ついスマホをいじってしまうのはわかりますが、ではどうすればストレス状態から脱却できるかについて解説します。

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

2017-02-15

ミスが続くとどうしてもイライラしたり落ち込んだりしてしまうものです。そんな負の感情がわき上がってきたときはどうすれば良いのか?認知行動療法を活用した解消法をご紹介致します。

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

2017-02-13

近年イジメの暴行・傷害事件が増え、一つひとつのイジメが深刻化したように感じます。イジメが深刻化するようになった背景と、イジメが深刻化してしまうのを防ぐ対策を解説します。

宮本章太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-432-0901

 

ご予約、お問い合わせ、お気軽にお電話ください。お待ちしております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎

京都カウンセリングラウンジ

担当宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

地図・アクセス

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-06-01
rss
ブログ
2020-06-01
youtube
YouTube
2020-05-22
facebook
Facebook