まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

宮本章太郎プロのコラム一覧:心理カウンセリングについて

当ルームで行っている「来談者中心療法」ですが来談者中心療法のようにカウンセリングに関して思うのは、クライエント様第一主義です。カウンセラーの思いよりも、クライエント様の存在そのものを尊重する事だと思います。そういう観点で考えれば、クライエント様のカウンセリングルーム...

確かに心理カウンセリングは利用料金が高いイメージがありますがよく考えてみると、美容院・美容室のお値段もそれほど変わらないのではないでしょうか?エステなんかはもちろん、美容院なんて1回の利用で1万円以上というところもざらにあります。目的だけで言えば、ただ髪を切りに行くだ...

心理カウンセリングをさせてもらってる中で感じるのが面談と電話やメールでのカウンセリングは違うということ。ただでさえ難しい心理カウンセリングですが面談とは違って顔を合わさない電話やメールでのカウンセリングはどうしてもアドバイスや質問が多くなったり、カウンセラーの主観や...

当ルームは以下のようなご相談にも応じています。自分は雨男雨女で、何か行動しようとすると決まって雨が降る。霊感が強いのか何なのか、昔からこの世のものとは思えない何かが見える。頭の中で自分に向かってささやきや指示、命令が聞こえる。人に騙されやすくてよく騙される。風もな...

私が心理カウンセリングに携わっている上で思うのは人の心の問題(悩み)に向き合い始めたらどこまでも際限がなくいつまで経っても終りが見えません。心の問題とはそういうものだからです。それを心理学や心理カウンセリングなんてもので解決しようというのは(または出来るなんてい...

私が心理カウンセリングを始めた当初から長年経った今でも多いのが当日になっての急な予約の変更や、連絡なしでの無断キャンセルです。予約の変更についてはまだしも、予約をしといて一切連絡なしの無断キャンセルはどういう事でしょうか。話を聞いて、そんな人も居るのかと驚かれるかも...

心理カウンセリングでは、電話やメールでのお問い合わせの段階からいきなり相談やアドバイスを求められる事はよくありますがこれは医療で言えばいきなり医師に自分の症状を説明し、今すぐ何とかしてくれと懇願してるようなものです。まだ何の診察もしてないのに、一方的に症状を説明しただ...

私思うのですが、技術でするカウンセリングってどうだろうと思います。もちろん技術は必要ですし、個人的な意見でしかありませんが法律問題や治療目的の医療じゃないんですからもし私が受けるなら技術でカウンセリングなんてしてもらいたくないですね。技術や理屈云々ではなく、やっぱ...

近年注目されている「マインドフルネス」や「瞑想」といったメンタルをリフレッシュさせる方法ですが心理カウンセリングでも心理療法の一環として取り入れられています。その効果は絶大で、研究成果や実験データでも報告されてるように認知症予防や改善にも効果があり、話題になっていま...

病院に行ったりどこかに相談する程ではないけどどうしたら良いのかわからないような、日常の中で負担になってる大きな悩みってあると思います。こんな事他人に相談するような事でもないし、ほんとは相談したいんだけどとても人に言えるような悩みじゃない。でもどうしたら良いのか、相談す...

私はどちらかと言うと研究者タイプの心理カウンセラーですから悩める人にビジネス的に心理カウンセリングを提供するような、商業カウンセリングはしない。というより出来ません。もちろん運営においてはビジネスの要素は必須なのですが営業をメインに活動するのは性に合わないというのも...

当ルームでは心理カウンセラーを目指されてる方はもちろん一般の方を対象に学びや勉強としての心理学もお教えしております。心理学に限らず学びは人生を豊かにしてくれますし学びを通して教養が豊かになると自分の心も比例して豊かになっていくのを感じられるでしょう。また、心に余...

さて、ゴールデンウィークまっただ中ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?普段はお仕事などで忙しくされてるかもしれませんがゴールデンウィークのような期間に気分転換をする事もメンタル面にとっては必要です。近年流行りのルーティーンのように、いつもと同じ事を繰り返すのは集...

当ルームには全国からお問い合わせを頂いたり電話やメールによるカウンセリングをご希望される方もいらっしゃいますが残念ながら今のところ、お電話やメールによるカウンセリングは行っておりません。確かにご要望の声に応えるのが仕事や社会活動なのですから出来るものなら何とかご要望...

ケガや病気などで肢体が不自由になるとどうしても体を動かさなくなってしまいますが例え体が痛んだとしてもなるべく動かすようにした方が良いんですね。体をいたわって動かさないようにしていると他の動作で代替したり脳が必要ないものだと判断してしまうので不自由さが不自由さを呼ん...

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share