マイベストプロ東京
  1. 「職場ストレスによる労災」過去最多に、厚労省の過労死白書で
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム

「職場ストレスによる労災」過去最多に、厚労省の過労死白書で

2019年1月11日

テーマ:労災保険

TBSニュースによると職場でのストレスによって精神疾患を
発病したとして「労災」を認定された件数が過去最高に
なったことが、厚生労働省の「過労死白書」で明らかになった。

 30日閣議決定された2018年版の「過労死等防止
対策白書」によりますと、去年、精神疾患を発病したとする
労災の支給決定件数は556件と過去最高となりました。

そのうち、過労が目立つ職種として、「教職員」「医療」「IT産業」
「自動車運転従事者」「外食産業」の5つが、重点業種として挙げ
られました。これらの5業種のストレスの要因には、長時間労働や
同僚・上司との人間関係だけでなく、「教職員」では『保護者やPTA
への対応』「医療」「自動車運転従事者」では、「患者や乗客からの
暴力」など仕事で接する相手から受けるものも多かったということです。

 厚労省は、「職場においてのメンタル対策を関係省庁と
連携していきたい」などとしています。

引用ここまで


職場ストレスによって労災が認定されるためのハードルは
かなり高いのですが今回過去最高になっているということは
事実として受けとめなければならず、原因解明は必要です。

長時間労働がやはりストレスの原因の1つと考えると働き方改革に
関係なく、まだまだ職場環境に問題ありのところが多いということも
言えます。

職種別の原因分析は大事で、特に業務の特徴、人間関係だけでなく
お客様など相対する人との関係に悩んでいて、その
精神的ストレスはとてもひどいものです。

労災で家族から訴えられるということも今後身近に考えて
おかなければなりません。昔と今は、全く違うのですが
自分たちの昔のことを基準に押し付ける経営者は、考えを
改めないと生産性という意味でもパフォーマンスがあがって
こないので経営もうまくいかなくなります。

改革しないととにかくダメで発想をまるっきり変えてみると
いう勇気も必要だと思います。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設))

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

庄司英尚プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

担当庄司英尚(しょうじひでたか)

地図・アクセス