マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム

若手社員が入社後すぐに辞めようと思った会社とは?

2018年9月12日 公開 / 2019年9月15日更新

テーマ:退職・解雇

今回は私がいろいろな意見やネットの情報、若手の当事者など
の声からまとめています。

若手社員が入社後すぐに辞めようと思った会社とは?

1 入社前に提示された労働条件と実際の給与その他が大きく違っている。
  このような場合、ブラック企業といわれ、広がってしまうのでいまや大問題です。

   ワークライフバランスが・・・・。などとPR用のサイトには書いてあったが
   とてもそんな気配はない。

    職務手当と記載があったが実は残業時間60時間分
   でその説明などいっさいなかったとか。


2 雇用保険・社会保険に入社日からきちんと手続きをしていない
  試用期間を除いたり、会社の独自ルールで2カ月経過後から保険加入させたりしている
  従業員のほうも最近は詳しいので告発されるだけです。

3 長時間労働が常態化している。さらにサービス残業で正しい労働時間で残業代を支払っていない。
  未払い残業は他の長期で働いてきている在籍社員のモチベーションにも影響する  


4 パワハラ社長、パワハラ上司が会社を支配していて、権限が強く誰も文句を言えない
   状況になっている
   パワハラ部長は、営業成績が優秀で誰も文句はいえず、社内でやりたい放題で、
   パワハラの言動多数。会社が正常な状態にないので訴えても何も変わらない

5  新規で入社してくる従業員を大切にしていないことが経営幹部の言動にあらわれている


6 入社してきて、すぐ退職するのは従業員が悪いということを周囲にいいふらし、自社の
   労働条件や職場環境に大きな問題があることを自覚できていない

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設))

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧