まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム

勤務間インターバルとは? 長野県が自治体で初めて導入目指す

働き方改革 労働時間削減 

2017年10月5日 / 2018年9月4日更新

勤務間インターバルとは?

「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、一定時間
以上の「休息期間」を設けることで、働く方の生活
時間や睡眠時間を確保するものです。

過去に私も一度だけキーワードとしてブログで
取り上げていました。

勤務間インターバル規制
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-2519.html



働き方改革が叫ばれる中、長時間労働の是正のために
勤務間インターバルを導入する企業があります。

このような制度はもっと成功事例、うまく機能して
いい効果が出ている企業がたくさん紹介されて
いくようになれば自社でも検討しようという企業も
増えるかもしれません。


勤務間インターバルといえば、先日朝日新聞の記事で
長野県の事例が紹介していましたが、いい取組だと思います。

都道府県の自治体で導入するのは今までないということで
初めての取り組みであればとより注目されることになりますし
その効果をいろいろ研究し、他に広がるきっかけになれば
いいと思います。


朝日新聞より

 長野県は21日、勤務を終えた後、次の勤務が始まるまでに最低11時間の休息を確保する「勤務間インターバル制度」を10月2日から試験的に導入すると発表した。県庁、県教育委員会、企業局などの職員約1800人が対象。年末まで3カ月間の試行で課題を洗い出し、本格導入をめざす。厚生労働省によると、同制度を導入した都道府県は他に把握していないといい、自治体の「働き方改革」では先進的な事例となる。
引用ここまで

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

庄司英尚

庄司英尚(しょうじひでたか)

庄司英尚プロのその他のコンテンツ

Share

庄司英尚プロのその他のコンテンツ