まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

情報量の見直しと改善でアピール力がアップする ~情報はシンプルにした方が伝わりやすい~

自社の商品やサービスをアピールする際に
チラシを打ったりホームページで情報公開すると思いますが
いくら魅力を伝えたいからといってアピールポイントなど情報量が多すぎると
受け手にとっては混乱を招くだけで、結局何が言いたいのかわからずに
その情報に目を通さなくなるのです。(読む気が失せる)

これは詐欺行為に応用される場合には見落とさないように気をつけなければなりませんが
トラブルを避けたいがために注意書きが多すぎたり
あれもこれもと商品の魅力を並べ立ててしまうと
受け手には何も情報が伝わってないと思っておいた方が良いでしょう。

ですから人に何かを伝えたいような場合は
何かコレ!といった自分が本当に伝えたいアピールポイントを数点に絞って
情報をシンプルに(簡素化)する必要があります。

もし補足説明や補助的に情報を載せたい場合でも
それらの情報は別に一つにまとめて、項目ごとに分けて掲載しておけば問題ありません。

詳細な情報を知りたい人は自動的に自ら調べるでしょうし
いくら親切丁寧に細部まで情報を掲載しても、気のない人はそこまで目を通しもしないどころか
せっかくパッと目に止まって気を引いたとしても
情報量の多さに読む気が失せてすぐに離れていってしまいます。

自分がそれを読む側になったらどうでしょうか?

会話などでもそうですが、あらゆる情報は自分発信の自己中心的な方法ではなく
反対の立場を考えて、客観的に伝えた方がより伝わりやすくなるんですね。

自分のこうして欲しい、こうしてもらいたいという思いは相手には届きません。
熱意は伝わってもそれが実際の行動には繋がらないのです。
(だから人を変えようとしても現状は何も変わらないと言われるのです)

何でも情報はシンプルに、よりスマートに。
まずはコレといったポイントをアピールしてから
詳細については後から補足説明するようにすると相手に伝わりやすくなりますよ。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-22
rss
ブログ
2018-09-23
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook