まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

コラム

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

「こころ」を描いたこんな映画

2017年5月6日 / 2018年9月24日更新

今日紹介する映画はこれ



少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?
2歳になって突然言葉を失い、周囲との交流も途絶えてしまったオーウェイン少年がディズニー・アニメのわき役のキャラクターのセリフを通じて再び周囲との交流を取り戻します。そしてそのオーウェインを取り巻く家族の様々な思いと大人になって自立していくオーウェインの日々をまとめたドキュメンタリー映画です。

映画の中では「自閉症」とだけ触れられていますが、映画を見た印象でいうとむしろ「小児期崩壊性障害」と言われるものかなと思います(診断ではありません)。いわゆる自閉症は基本的には脳の器質性の障害なので生まれた時からいくつかの症状が見られるのが普通ですが、オーウェインの場合2歳までは一般的な発達に問題はなかった、というからです。

この小児期崩壊性障害と言われる障害は
1. 生後明らかに正常に発達していたが、2歳から10歳までの間に発症する
2. 発症後、それまでの身につけた能力や行動を喪失していく
3. 自閉症と似たような症状を示す
という3つの特徴があります。

原因はまだ解明されていいないということですが、ある程度日常生活に適応出来たいたのに、発症後それまで身につけていた能力(例えば「言葉の使用と理解」「対人的技能または適応行動」「排便または排尿の機能」「遊び」「運動能力」など)
が失われて行き、基本的にはそれが一生続くと言われているので、ご家族の思いは察して思いあまるものがあります。

しかし突然何も話さなくなったオーウェインが、ディズニーアニメを通じて少しずつ家族と会話するようになり、やがて自立するまでの過程は、もちろん個人差はあるとはいえ大変希望が持てる記録ではなかったと思います。

まだご覧になっていない方は一度ゼヒ!

◇◆◇ この映画も見てみたい  ◇◆◇
映画「明日、君がいない」:若者のリアルな姿を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51645/
映画「少年は残酷な弓を射る」:少年はどうしてこんな残虐な行為をしたのだろう?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51890/
アニメ映画「Colorful(カラフル)」:思春期の少年が人と自分を信じられるようになるまで
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51903/
あやしうこそものぐるほしけれ 映画 「17歳のカルテ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52565/
映画「デタッチメント 優しい無関心」:みんなが誰かの助けを求めている
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52294/
映画「精神科医ヘンリーカーターの憂鬱」:精神科医は自分を治療できるのか?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52105/
映画「パパが遺した物語」:大切な人を失った心の空洞
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53383/
映画「博士と彼女のセオリー」:一人の人間、ホーキング博士を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53089/
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52937/
映画「奇跡の2000マイル」:人生の砂漠を歩く女性の生き様
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52931/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井
□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

岸井謙児

岸井謙児(きしいけんじ)

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ