まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

岸井謙児プロのコラム一覧:子どもとどう接すれば良いか

ふと見かけたアメリカン・インディアンの言葉の数々。その中でも心に残った二つの教えを紹介します。<アメリカンインディアンの教え>批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします敵意に満ちた中で育った子は、誰とでも戦いますひやかしを受けて育った子は、はにかみやになりますねたみを...

昨日に引き続き、これまた含蓄のある子育ての格言を紹介します。「三つ心 六つ躾 九つ言葉 十二文(章) 十五理で 末決まる」う~む、なるほど。それぞれの年代において大切な内容を簡単に表していますね。「三つ心」と言うのは「世の中は自分を守ってくれている」「自分は世の中に愛される...

「子育ての4訓」と言うものがあるそうです。その言葉がなかなか素敵なのです。それがこれ「子育ての4訓」一、乳児はしっかり肌を離すな。一、幼児は肌を離せ手を離すな。一、少年は手を離せ目を離すな。一、青年は目を離せ心を離すなだれが言い出したのだろうと、いろいろ調べてみると...

昔何かで読んだことがあるのですが、子どもに関わる治療者や支援者には2つのタイプがあるそうです。一つは、自分は子どもたちの上にいて、子どもたちに手を差し伸べて、上にひっぱりあげるタイプ。これはいわゆる医師や教師タイプでしょうか。「こうあるべき姿」を子どもたちに示して、こうな...

最近「愛着障害」の子どもと関わることが多くなりました。「愛着」というのは、簡単に言えば「親子の絆(きずな)」であり、人がこの世に生きていく上ですべてのベースになる「人と自分を信じる力」の源です。例えばこういう話を思い浮べて下さい。《小さい子供が、ある時自分の力では怖くて降...

さて子どもと接する時のいくつかのポイントを思いつくままにあげてきましたが、今回は子どもに良く言ってしまうけれど、出来れば言わない方が良い言葉。1)「ちゃんとしなさい!」「しっかりしなさい!」2)「いい子でいてね」3)「なんで〇〇できないの!?」4)「勝手にしなさい!」「あ...

さて、今日は「ほめること」「無視すること」「叱ること」について。子どもとの接し方を解説した本では、ほぼ間違いなく「ほめること」の大切さを強調してあります。しかしその本を読んだ時、多くのお母さん方は次の二つのことを思い浮かべるのではないでしょうか。一つ目は「私はほめるのが上...

さて、色々と子どもに接する時のコツみたいなものをあげてきましたが、今日は会話のキャッチボールの最後に付け加えるポイントとして、「子どもの言ったことをまとめて返してあげる」ということについて。子どもと話をしていて、会話のキャッチボールをする時には、出来れば時々子どもの発言の内...

このことを研修会などで説明するたびに、「今の若い人は壊れたレコードって知りませんよね?」と言わなくてはいけないので、もうちょっと別の言い方はないものか、と思うのですが、なかなか思いつきませんね。要するに「同じことを何度も何度も繰り返す」ということなのです。それも普通に考え...

「アイ・メッセージ」という言葉を聞かれたことがありますか?「愛」ではなくて、英語の「I=私」を主語に付けた言葉がけのことです。例えば、「私は○○についてこう思うよ」という言い方です。この言い方の良いところは、「私はこう思うけど、あなたはどう思うの?」という具合にまず自分の心...

 3回目は、相手の気持ちの聞き方について。子供が今思っていることやなにかについての思っていることを聞いてみたい時どういう風に話しかけていますか?私の仕事はカウンセラーなので、どうしても相手のお方のお気持ちを伺うことになります。その聞き方は、大人でも子供でも基本的には同じ...

子どもに接する時、気をつけたいことの2つ目は、「落ち着いて、近づいて、静かな声で」なぜこの3つが必要かと言うと、その逆の接し方を想像してみればすぐにわかります。つまり「落ち着いて」の反対は「興奮して」「近づいて」の反対は「遠いところから」「静かな声で」の反対は「声を荒げ...

さて、今日からは「子どもに接する時に具体的にどういう所を注意すればよいか」について取り上げてみます。まず最初は「目を合わせること」えぇ?と思われるかもしれませんが、子どもの年齢が幼ければ幼いほど、目を通して愛情を伝えることになるのです。特に赤ちゃんの時はお母さんが授乳時に...

さて、家庭で親として子どもにしてはいけないこととして「夫婦喧嘩を引きずらない」「子どもをカウンセラーにしない」とまとめてきました。要するに夫婦の問題が子どもに影響を与えると言うことです。ケンカをしても仲直りができることを教え、子どもに話を聞いてもらおうとしないで大人の問題と...

子どもに関わる時にしてはならないこと、<その2>です。前回は例え父母の関係が気まずくなっても、引きずらないことが大切、人と人との関係はやり直すことができるんだということを身を持って伝えることが大切とお話ししました。しかし大人同士の関係と言うのは、子どもの喧嘩よりも複雑でし...

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ