まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

岸井謙児プロのコラム一覧:不登校を考える

以前、漫画家「棚橋正一」さんの自伝マンガ「学校へ行けない僕と9人の先生」を取り上げましたが、今回は同様に学校に行けなくなってからの約10年の経過を描いた、漫画家、琴葉とこさんの自伝漫画「学校に行かなくなった日」を紹介します。作者の琴葉さんは、「メンヘラちゃん」という漫画...

今話題の自伝コミック「学校へ行けない僕と9人の先生」とは漫画家「棚橋正一」さんの学校へ行けなかった少年時代と、棚橋さんの永遠の憧れのヒーローであり、「Dr.スランプ」「あられちゃん」「ドラゴンボール」等で大活躍の漫画家鳥山明さんとの出会いを描いた作品です。(写真はama...

さて昨日に引き続き、今日は不登校児が動き始めるために必要な「人間関係の軸」について。昨日はアイデンティティがあやふやになってしまっている不登校児が動き始めるためには「過去ー現在ー未来」と言う時間軸が動き始めることが大切だと述べました。このアイデンティティと言う問題を考え...

さて、昨日は不登校に陥った彼らが自分の居場所を確認するためには「地図」「地球儀」などが必要だということを述べました。もちろんこれは「象徴的な」意味合いで言っているので、現実的に世界地図や日本地図を買い与えたら学校に行けるようになる、と言うことではありませんからお間違いなく。...

不登校状態の子どもたちと接していると、時々「まるで大海原を漂流しているような状態だな」と感じる時があります。つまり、まず今の自分のいるところがどこなのか、はっきりしない。また自分はどこへ向かおうとしているのか、そしてその目的地へたどり着くためにはどうかじを取れば良いのか...

不登校や保健室登校や不適応の子どもたちを見ていると、人間が成長する様子と言うのはこういう姿を見せるのだなぁ、と思わされる時があります。もちろん10人いれば十人十色で、個々の様子はそれぞれなのですが、やはりある程度のパターンと言うのがあるようですね。それはひとことで言うと「...

不登校になり、一時期何もするエネルギーがなくなったり、部屋に閉じこもってゲームやネットに没頭する段階を経て、少しずつ社会に向けた外向きのエネルギーが出てくるようになってきます。その時に気をつけなければいけないのは、「喜び過ぎないこと」。それまで何とか変わってくれないか、何...

「ランドセル俳人の5・7・5」という小林凛君の本を御存知ですか?944グラムの超低体重児として生まれ、視知覚等に困難を抱えながらもランドセルを背負って入学した小学校で、壮絶ないじめにあう。しかし不十分な対応しかしない学校に命の危険を感じ「自主休学」をした凛君。祖母に影響を...

不登校にどう対応すればよいか、後期の対応の仕方です。どういう理由や背景があっても、子どもの不登校と言う現象はその家族全体に大きな影響を与えます。なにしろ学校に行けないこどもに、毎日対応せざるを得ないのは親・家族でしかないのですから。見方を変えれば、子どもは不登校と言う行動...

不登校も後期に入ると、少しづつ子どもの様子にも穏やかな印象が芽生えてきます。子供がいつ本当にエネルギーを回復して学校生活に戻れるかは、それはやはり彼らの内面の成熟を待つしかないでしょう。これだけは、こういうきっかけがあれば大丈夫と言うものはないと思います。ところがそのタイ...

中期から後期にかけて、かなりの長期間の休憩が続くことになります。休息と言っても、家族からすれば大きく変化はしない日々が続くわけです。しかし学校に登校できないという点を除けば、ある意味安定した穏やかな日々が続くようになります。この当たり前で日常であるかのように穏やかな日々が...

さて不登校にどう対応すればよいか、というテーマで続けてきましたが、不登校もある程度山場を越えてくるとこれまでよりも比較的穏やかな日々が続くようになります。これまでの期間、子どもによっては激しい葛藤の嵐を巻き起こし、家族全体が振り回される場合もあるでしょう。また逆にエネルギー...

さて、不登校にどう対応するか、中期についてかなり回数を重ねてきてしまいましたが、そろそろまとめとして私が不登校の彼ら・彼女らと接する時にいつも自分に言い聞かせている言葉を紹介したいと思います。それは「あわてず・あせらず・あきらめず」の3つの「あ」。何とかしようと「焦らない...

さて、不登校にどう対応すればよいか、と言うことでいろいろと考えをまとめてきましたが、今回は親の精神的安定を図るために「花を育て、ペットに癒されよう」と言うことを提案したいと思います。これはもう言うまでもありませんよね。疲れをいやし、やすらぎを与えてもらい、友に生きるかなしみ...

さて、親の精神的安定を図るという内容を取り上げてきましたが、今日は「斜めの関係者を利用しよう」。不登校も長期に及ぶと、親の精神的な負担も大きくなります。時には外部の人を招き入れたり、ご自分から家の外で外出したり、新鮮な空気を吸い込み、新しい風を取り入れることは大事なことです...

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ