まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

岸井謙児プロのコラム一覧:ちょっといい言葉

「力とか、慾とか、そういうものがはいらない世界、本当に他愛のない世界から生まれてくる仕事、願うことではなく、願われる仕事、そんな慾でない慾を持ちたいものです」 <わだば、ゴッホになる>で有名な版画家棟方志功さんの言葉です。棟方志功さんの生きざまを、今こうして映像で見ること...

「いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。 」う~む、ハードボイルドですねぇ。この言葉が昔の人の言葉だとは。何を隠そう、坂本龍馬の言葉なのです。...

「政治家として必要な資質とは、明日何が起きようとしているのか、来週、来月、来年まで先を予見する能力だ。さらに、どうしてそれが起きなかったかを説明する能力、その両方が必要だ」 イギリスの名宰相チャーチルさんの言葉。いやぁこれはユーモアの言葉なのでしょうが、最近の政治家のニュ...

「与えると枯渇したように感じる人は“与えている”のではなく、“犠牲になっている”のです」 アメリカの心理学者チャック・スペザーノさんのことば。う~む、なかなか意味深い言葉です。日本でも有名になった作家トルストイの言葉に「愛とは惜しみなく与えるもの」というのがありましたが、さて...

「あなたは“暗い”のではなく、“やさしい”のだ。あなたは“のろま”なのではなく、“ていねい”なのだ。あなたは“”失敗ばかりではなく、“たくさんチャレンジしている”のだ」心理学者アルフレッド・アドラー博士の言葉。本「嫌われる勇気」から人気急上昇中のアドラー博士ですが、この言葉は物の見方...

「俺は、落胆するよりも、次の策を考える人間だ」かっこいい~!!何しろこの言葉は、かの英雄、坂本龍馬の言葉ですから! 「俺は、昨日の俺ならず」これも龍馬の言葉。いまだに人気が衰えないのもわかりますね。何しろ、ハードボイルドだ!! うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩...

「浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない」イギリスの哲学者、バートランド・ラッセルさんの言葉。おうおう、気の利いたことを言う哲学者だけあって(?)、なかなか渋い写真ですね。でも確かに、この言葉納得するところはあります。「浪費」ということが「何も産み出さない...

「人が愛くるしいピークは12歳から17歳だ。愛くるしさを取り戻すには2度目の開花を待たなくてはいけない。それは70歳から90歳だ」デンマークの作家 アイザック・ディネーセンのことば。私は良く知りませんでしたが、20世紀を代表するデンマークの作家で、デンマークの紙幣にも彼女の肖像画が使われ...

「打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。」イチローの言葉です。私は最近、この言葉で表されているような「気分転換の技...

「お互いに手をつなぐ時にも間をあけよう」 この言葉を言ったのは、英語読みから、「カーリル・ジブラン」さんと呼ばれいるそうですが、実はレバノン出身の詩人、画家、彫刻家の方。どういう方か良く知りませんが、それよりこの言葉の意味は、この写真を見れば一目瞭然。◇◆◇ ちょっ...

「成功はただ一つ。それは自分の人生を自分らしくすごすこと」アメリカの作家、C・モーリーのことば。この言葉は「アイデンティティ」ということと関係があると私は思います。「アイデンティティ」と言う言葉はとても、分かりにくい言葉です。日本語訳も分かりづらく、だから、アイデンティテ...

かのゲーテさんの名言。「もし私が忍耐をしなかったら、誰が私に忍耐をしてくれただろうか」『忍耐』・・・・・これがなかなか難しい。私も日々いろいろな出来事の中で、カチンとくることが多々あります。もっぱら人間関係の中でのことですね。皆さんもそうでしょう?「なんでこれがわかって...

「人生の真実とは、 実におもしろくて不愉快で、 魅惑的であり恐ろしく、 おまけに甘くて苦いもの。 そしてこれがすべてなのだ」アナトール・フランスというフランスの文学者らしいですが、そりゃそうだよね、なんでも当てはまる言葉ですよね。しかしそれが人生の真実なんだから仕方がないか...

小4女子「人はなぜ悲しみや苦しみを感じるのですか?」先生「感情が細やかで共感能力の高い個体が子孫を残しやすいからです」このやりとりはラジオの子ども科学電話相談でのやり取り。なんでも1984年より毎年夏休みの学休期間に放送されるラジオ番組で、NNKラジオ第1で30年以上も続いている番組...

今日の「ちょっといい言葉」は子どもの詩から。「ぼくは今二年生です  / あまりべんきょうができません  /  でも ぼくもぼくなりに いきています  /  あたまわるいけど 学校がすきです」連続して書いたらちょっと雰囲気が出ませんが、実際はこういう詩。スマホでご覧の方には...

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ