まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

コラム

おかえりなさい、「仕事やすんでうつ地獄に行ってきた」丸岡いずみさん。

さてコラムのタイトルを「あの人の本を読んでみた」と変えて、いろいろな有名な方の書かれた本を読んだ感想をまとめています。今回読んだのはこれでした。



報道ニュースキャスターとして人気上昇中だった丸岡いずみさんが、体調不良、あるいはうつ病に罹患し、その間の詳しい事情や苦しかった闘病生活についてこの本で知ることができました。丸岡さんと言えば、どちらかというと元気印で体育会系のイメージもあったので、意外でしたが、この闘病記を読んでいくとうつ病というものの実態が良くわかります。

“もともと私は、深く思い悩まずに、とりあえず行動してみるタイプです。「大丈夫!」「なんとかなるさ!」といった前向きな思考回路なので、日常的にはほとんどストレスをためこみません、失敗しても、気分が落ち込むこともありません。つらいことが起きても、その日のうちに解消できます。社内の人間関係も気にしません”と言われる丸岡さん。その彼女がうつ病になってしまったということは、うつ病の発病要因として病前性格の占める割合が必ずしも高いというわけではないことが推測されます。たんなる「こころの病」としてだけで片付けられないということがわかります。脳の病気であるということもできるのです。

しかしだからと言って、全くこころが関係ないというわけではなさそうですね。発病の要因としては「こころ」あるいは「脳」と簡単に割り切ることがでないということが良くわかります。丸岡さんも、性格自体は男っぽい活発な性格だったそうですが、仕事は大変ハードでかなり突っ走ってきたおかげでストレスが溜まっていたということです。

その丸岡さんが仕事の傍ら、早稲田大学大学院にまで進み、認知行動療法を学ばれていたとは知りませんでした。彼女は専門で学んだ認知行動療法で自分自身を治療できると思い、せっかく精神科で処方してもらっていた薬も飲まずにいたため、長引いてしまったと反省されています。やはり薬物治療は大切なのです。

この著書からいろいろなことを学ぶことができますが、何より一度「地獄」を見た方がこうやって回復され元気な姿を報告されることが、現在苦しんでいらっしゃる方にとっての希望につながるかもしれません。そういう意味で大変意味のある本ではないか、と思わされました。


うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

岸井謙児

岸井謙児(きしいけんじ)

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ