まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

合格速報ー花園大学大学院文学研究科仏教学専攻

塾生 合格者 卒業生

2014年10月4日

花園大学大学院仏教学専攻で合格者が出ました。
仏教学で合格者が出るのは私としてもうれしいことです。
この方はお寺の後継者ですので、仏教学を
真剣に学びたいという希望をお持ちです。
仏教学という学問は、誤解している人もいますが、
非常にインテリジェンスの高い学問です。かつて西欧列強が
植民地を各地に作った時代、インド人の高い知性に
多くのヨーロッパの学者が驚愕し、さらにヨーロッパ言語の源流の一つが
インドにあるのではないかとの仮説のもとにインド学が確立しました。
インド・ヨーロッパ語族と言われる所以です。
その中の一つがいわゆる近代仏教学です。

一方、日本では、奈良時代以降、平安を経て、鎌倉で大成した
いわゆる伝統仏教学が脈々と受け継がれて来ました。
この両者が明治時代出逢って、また新しい仏教学が出来て、
現在に至ります。また一方で、インドで消え去り、中央アジアでも
砂漠に埋もれ、チベットでは時代の波に飲まれるという
歴史を持ちながら、東南アジアではまた違った仏教が、
実践的に生き続けて来ました。これが今になってマインドフルネスという
名前になって、注目を受けるようになっています。
仏教学はとにかく深くて広いのです。
いわゆるグローバルを学ぶには最適ではないかと思います。
今はグローバルというとすぐに英語と言います。
しかし、ブッダは、こう言いました。
「その地域の言葉を話しなさい」
これはシンプルですが、現代の私たちは深く考えるべき言葉です。
私たちが「仏教」と漢字で認識できるのも、そういった背景があるのです。

こういった学問分野に対応できるのが、当塾の特長の
一つでもありますが、最初から最後まで私一人で
見ますので、彼にとってはかなり厳しかったと思います。
前年他大学を不合格だったという情報もありましたので、
インドの釈迦の時代から始めました。
大量の本を貸し出し、いつも巨大なリュックに
目一杯つめこんで、少し前屈みに歩く姿は、大変印象的でした。
しかし、それこそが、これからの彼の日常生活になります。
まだまだ伝えておきたいこともありますので、
しばらく当塾での勉強は続くと思います。
大学院で即戦力になるくらいの力をつけてから入学できれば
より充実した生活になると思います。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share