まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

井上博文プロのコラム一覧:思考方法

思考方法

2018-05-07

故中村勘三郎さんは、型破りは型がきっちりしている人のすることだと仰ったそうです。何でも、どんな分野でも、一定の型があって、それは常識と言われることもありますし、空気という、より抽象的なものとして言われることもあります。もちろん学問の世界にもあります。それを身に付けることを基本...

思考方法

2018-01-22

ちょっと重い表題になりました。名前を使わせていただきますが、評論家の西部邁氏が自殺で亡くなったとのニュースを受けてのことです。とても残念です。西部氏は、保守論客で名高い方でした。今のネット右翼の時代では想像もつかないですが、私が子どもの頃は、左翼全盛時代で、いわゆる保守論客...

思考方法

2018-01-12

貴乃花親方は「何を」明らかにしたいのか? という記事をたまたま目にしました。私は相撲についてはあまり詳しくはありませんし、最近の騒動について、何か言いたいわけでも、意見を持っているわけでもありません。できれば、対立よりも、よりよい相撲を見る人に見せていただければ、それで十分だ...

思考方法

2018-01-07

新年早々重たい質問をもらいました。身も蓋もありませんが、これはどうしようもありません。日常からこういった思考に取り憑かれているならば、反省会をした方がいいかもしれません。こう言うと、よく言われるのが、「じゃあ、あなたはしんどいのが好きなのですか?」と極端に来られるのですが...

思考方法

2017-12-07

完璧主義が良くないということは、誰でも言うことです。しかし、完璧主義がどのようなもので、それの何がどういけないのかについて、明確に言える人はあまりいません。REBTは完璧主義はイラショナルビリーフと考えます。完璧主義というのは、(多くの場合漠然と)高い目標をたてて、あるいは自分へ...

思考方法

2017-12-04

どうも「役に立つ」「役に立たない」というフレーズを聞くと、すぐにかつやや過剰に反応してしまうのが、良くないところかもしれませんが、どうしても気になります。これまでも似たようなコラムを書いてきました。「すぐに役に立つ学問」などなく、積み重ねと情熱こそが重要ですこのようなコ...

思考方法

2017-11-26

この記事を見て、また政治家たちがろくでもない発言をしたのかと思いきや、このうち一人は学芸員はがんだと発言した元地方創生大臣でした。悪意でもあるのではないかと思わざるを得ない発言で、政治家というより、人間としての見識を疑われる発言です。早く政治家をやめるべきだと思います。それで...

思考方法

2017-09-02

最近、年のせいか、何のせいかはわかりませんが、お盆あたりで、ふと自分の人生を振り返ってみました(今年の上半期はあまりにもいろいろありましたので)。私は、自分で言うのもおかしいかもしれませんが、出会った人に恵まれました。大学に入るまでは、あまり環境には恵まれていなかったと、いまだ...

思考方法

2017-07-29

「行きたい学校に行って、やりたいことをやる」シンプルなのですが、私は常に生徒さんに伝えている言葉です。私たちは大学受験という特殊カテゴリーの中で、それが人生の一大事という勉強をしてきました。これを必ずしも否定しているわけではありませんが、あまり適切でない考え方が根付いてしま...

思考方法

2017-07-26

文学部って何の役に立つのという記事を見ました。「文学部の学問が本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったときではないか、と私は考えます」と阪大文学部長の先生は仰います。これは全くその通りだと思います。私たちが住んでいる娑婆世界の空気は、決しておいしいものではなく、苦しみの方向に私...

思考方法

2017-06-18

ジーコの何がすごかったかという記事を見て、ジーコという人物の本気が多くの人の心を打ったことをあらためて実感しました。私自身、師匠から何度も「本気になれ」「本気に触れろ」「今、自分が本気か自分に問いかけろ」と本気に関する言葉をたくさんもらいました。本気は損得抜きが基本です。師匠...

思考方法

2017-06-06

質問と詰問は違います。質問は、わからないから問うことです。詰問は、答えがわかっているのに、相手を責めるために問うことです。質問は問う意思がありますが、詰問は基本的に問う意思よりも責める意思の方が強くなります。人間関係を円滑にするのも、相手から何かを引き出すのも、気づきを与える...

思考方法

2017-05-31

これは、一般的に「主観的で言語化することができない知識」くらいの意味です。簡単に言うと、自転車の乗り方を最初に覚えた感覚のようなものです。先に乗れるようになってから、後から理屈をつけていきます。多分ブッダの悟りもそんな類だったと思います。口で説明しにくい、あるいは伝えにくいも...

思考方法

2017-05-15

最近、表題のような相談を受けました。必修ではエラーチェックという項目を設けて、思考のエラーに気づき、それをただしていくことで、エラーを減らしていく作業をします。それですべてがうまくいくというわけではありませんが、悪循環に陥ることが少なくなることが見込まれます。「世間が気になっ...

思考方法

2017-04-27

臨床心理学の研究計画を作っているとよく出てくるのが、「自己肯定感」です。似たようなものに「自尊感情」「自己効力感」といったものがありますが、少しずつ異なります。自己肯定感は、文字通りの意味です。自分を肯定的に受けとめることと言ってよいと思います。ある程度、自分は大切、自分が必...

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文

京都コムニタス

担当井上博文(いのうえひろふみ)

地図・アクセス

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+