マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム一覧:臨床心理士指定大学院に行くための勉強方法

RSS

4月の勉強方法-臨床心理士指定大学院

4月に入りました。いよいよ新学期です。桜はどんどんピークを迎えつつありますし、気候もどんどんよくなってきます。新学期に入ると、いろいろなことが大きく変化します。まず大学生は授業が変わります。授業にい...

臨床心理士の価値は落ちますか?

最近、この質問をいただく機会が増えています。結論から言えば、当面落ちないと思います。むしろ上がることもあるのではないかと思えます。臨床心理士側が懸念するのは、ここからの経過措置期間の5年で、臨床心理...

50代ですが、臨床心理士指定大学院に行くべきでしょうか、心理系学部に入り直すべきでしょうか?

今最も多くいただいているお問い合わせです。結論を先に言えば、学部で心理学を学びたいという希望がない限りは、臨床心理士指定大学院に行くのが良いと思われます。これまで臨床心理士を目指す社会人の方は、多...

こんな私でも成長できますか?こんな年齢でも大丈夫ですか?

よく表題のような相談をいただきますが、確かに学ぶことと、成長することは必ずしも一致しません。しかし、学ぶことが誰でもできるように、成長することも誰でもできます。年齢も性別も関係ありません。仏教によ...

受験直前は今まで積み重ねたものをしっかり振り返りましょう

8月もあと少しで終わります。あっという間に受験シーズンに突入します。今のところ、京都コムニタスでは、まだ願書作りに全力を注いでいます。連日夜中までかかって作っていきます。提出書類は、当然のことながら...

今、心理学系学部出身でない人は、臨床心理士指定大学院に行くべきでしょうか?

最近よくいただく質問です。公認心理師は、基本的に学部で指定されている心理学の科目を学ぶことが求められます。ただし、必ずしも心理学部や心理学科を卒業しないといけないというわけではありません。まだわか...

受験のプレッシャーに立ち向かう方法

8月後半からいよいよ入試が始まります。私たちは年2回経験するわけですので、何十回と積み重ねてきましたが、こればかりは何回経験しても慣れません。毎年どこかの学校が、何らかのルールを変えますので、それに...

自分の問題として捉える能力

カウンセリングをする場合、どの本を読んでも必ずと言って良いほど見るのが、「共感」という言葉です。私はいまだにこの共感の意味がわかっているかと言われると、自信がありませんが、重要であることはよくわかり...

想像力を鍛えましょう

随分前の想像力と教養というコラムにも書いたのですが、想像力が欠如していると、とんでもないことをしでかしたり、発言したりしてしまいます。もちろん、面接において、想像力を働かせないことは、あまりにも危...

「わかる」までのプロセス

私たちは受験勉強至上主義教育を受けてきましたので、独特の勉強観を持っています。「詰め込み教育の否定、さもなくば肯定」あるいは「暗記ではなくて自分で考えられる教育」「興味、関心をかきたてる教育」など...

基本の繰り返しと反復と継続

「学習のポイント」という言葉がありますが、すべての学習に共通するポイントは、①基本の習得②それを繰り返す③それを継続する。シンプルですが、これだけと言えばこれだけです。一番難しいのがもちろん①...

良い本を選ぶ基準

京都では8月になると、下鴨神社で古本市が行われます。いつもお盆と五山送り火とに併せて行われ、人が少なくなった京都の良い風情です。今年もどこかで行きたいのですが、微妙な状況です。古書の魅力は、良い本に...

インプットとアウトプット

先日数名の生徒さんと暗記について話していました。暗記は受験において永遠のテーマであり、できるならば、暗記の道具が欲しいくらいです。あるいは何かを食べて暗記力が上がるなら、少々まずくても食べると思い...

どこから勉強を始めればいいでしょうか?

7月のこの時期は勉強方法の相談をよく受けます。すでに来年の9月の受験を考えている方々からの相談も増えています。多くの人が不安に思うことは、「合格できるのかどうか」と「何から始めたら良いのかわかりませ...

40代だからこそ、新しいことにチャレンジして勉強しましょう

40代は身体の衰えを感じ始めると同時に、能力の成長はまだ感じることができる時期です。併せて、40代は、「若いころ、ああしておけばよかった、これをしておけばよかった」と後悔が頭をちらつく時でもあります。...