まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

井上博文プロのコラム一覧:京都コムニタスとはどんな塾か?

2018年度上半期振り返り、今回は臨床心理士指定大学院です。全体としては成績はよく、例通りという印象です。今年は公認心理師の影響もあって、社会人の方が、どの資格を目指すべきか迷っておられるとの旨の相談を本当にたくさんいただきました。これからの臨床心理士のあり方についての相談もたく...

2018年度上半期が終盤に来ています。私たちとしては、もう次の試験と、来年度に向けて準備が始まっています。その前に、結果も概ね出ましたので、上半期の振り返りをしておきたいと思います。まず看護大学3年次編入ですが、山口大学で新たに合格者が出ました。看護大はこれが今年の最後です。この大...

今、毎日のように公認心理師に関するお問い合わせをいただきます。その際、よく京都コムニタスという名前を間違われたり(コムニスタ?コムタニスタ?コムタ??など)、どういう意味ですか、という質問もあわせていただきます。「コムニタス」については、これまで何度か書いているのですが、法人...

6月になりました。今年の上半期が・・という気分ですが、今年は変化があまりにも多くて、私個人もついていくだけで精一杯です。公認心理師の新しいコースが稼働し始めたことを皮切りに、怒涛のように変化が続いています。一番大きいこととして、報告になりますが、この6月より、京都コムニタスは...

今年度が終わろうとします。気候が急に暖かくなり、桜のつぼみが見えてきました。梅はネット以外では見ていません。すぐに4月に入り、新しい年度に入ります。この時期は、引っ越しやら、様々な準備でどの人も忙しくしています。いい年度がむかえられるように準備をしていきたいものです。それでも...

あけましておめでとうございます。今年も精一杯務めますので、何卒よろしくお願い申し上げます。平成がもうすぐ終わります。昭和が終わったのは中学生の時で、突然だったと記憶しますが、平成はかなり準備期間があります。時代によっていろいろあります。時代が動く時です。年末年始と予定が...

先日、同志社女子大学の事務の方に来塾いただきました。同志社女子大学は3年前に看護学ができたのですが、このほど、大学院も発足するとのことです。こちら私たちとしては、特に、助産学実践分野として、助産師養成課程ができたということで、喜ばしく思っています。助産師資格は今が過渡期にあ...

昨日、東京からある大予備校の代表の方が来塾されました。わざわざ、小規模塾に、遠いところをお越しいただき、数時間お話させていただきました。私としては、恐縮するばかりでしたが、大変勉強になりました。どうしても私の場合、一日の大半を塾内におりますので、内向的(!)になります(ツッコミ...

ダイヤモンドオンラインの記事に、医者になる抜け道があった!「医学部編入」の実際という記事が掲載されていました。失礼ながら、とても嫌な記事です。先に言えば、抜け道ではありません。医学部編入は、本質としては、医学研究者を求める入試であって、医者になるための抜け道として行われている...

まだすべての結果が出ていないのですが、前期の振り返りと総括をしました。今年の臨床心理士指定大学院入試は、難易度は例年と変わりはなかったと思います。そんな中で、今年も当塾の生徒さんはかなり立派な成績をあげてくれたと思います。現時点で判明分の速報は以下の通りです。【臨床心理士指...

連日のように合格速報が出せていますので、今年も順調に結果が出ています。入試はこれからが続きますが、私たちとしては「結果は出て当然」と言えることをやらねばなりませんので、一喜一憂せず、受験の残る生徒さんたちと、今も次の学校を目指して、粛々と進めています。ここまで来ると、複数の学...

教養はとても漠然とした言葉で、つかみ所のないものです。だから、大方の意見としては、「あった方がいいもの」くらいではないかと思います。私の見解は、もちろん「なくてはならないもの」「生きるために必要不可欠なもの」です。大学というのは、おそらく生まれて初めて教養を習うことができるところだ...

90歳 国会議員はどうだろうという投稿が話題になっているそうです。検索したら、大量に出てきました。見事なウイットネスかと思います。この記事を書いた方はしっかり読むべきではないかと思います。今の世相を順を追ってきっちり説明しておられます。いかに詭弁を弄そうとも、強弁しようとも、こ...

京都コムニタスは大人が勉強するための塾であり、大人が再教育を受ける塾でもあります。大人になってから何かを習うという機会は非常に少なく、私自身もできるなら大学の授業を最初から受けたい気持ちもありますし、大学生がある意味うらやましくもあります。大人になってからわかるのですが、他人...

3月の終わりです。この日は年度末の終わりでもあり、学生の方が本当の意味で学籍がなくなり、明日から新たな世界が始まります。この時期になってくると、合格体験記も少しずつ増えてきます。京都コムニタスでの数ヶ月間をどのようにすごしたのかが内容の中心になります。我々に対する目に見える評価...

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+