マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム一覧:公認心理師

RSS

2019年の公認心理師試験の受験資格・Dルート

2019年の公認心理師試験は、主にD1、D2、Gルートの受験資格を持った方が受験をすることになります。A、B、E、Fルートは想定されていません。今年からはD2が増えると思われます。D1は、2017年9月15日より前に大学...

2019年度公認心理師試験の日程が出ました

本日、官報で第2回公認心理師試験の日程が出ました。こちら心理研修センターの発表はこちら試験日は平成31年8月4日(日)です。発表日は9月13日(金)書類提出は4月17日から5月17日までとなっています。新年...

今年の公認心理師試験までにどのくらいの準備期間が必要ですか?

前回、公認心理師試験対策講座の受付が始まったことをお知らせしましたが、早速多くのお問い合わせをいただきました。特に多かったのが、「準備期間がどのくらい必要か」という内容でした。これはいくつかの考え...

2019公認心理師試験対策講座 2/8(金)サイト受付開始

2019年度の公認心理師試験対策講座が 2月8日にサイト受付開始になりました。詳細はこちらをご覧ください。今年は一つの講義、DVDで言えば一枚4時間で、知識インプット講義と、演習、演習の解説講義が収録されま...

東京メディカルアンビシャスが現任者講習会を開催します

今年も、東京メディカルアンビシャスが現任者講習会を開催します。A日程3/16(土) 3/17(日) 3/21(木・祝) 3/24(日) 3/30(土) 3/31(日)(6日間)とB日程3/22(金) 3/23(土) 3/25(月) 3/26(火) 3/27(水) 3/28(木) 3...

公認心理師試験(北海道)の結果が出ました

公認心理師試験(北海道)の結果が出ました。9月9日試験と同様、解答をはじめとする基本情報は公開されています。 受験者数 1,083 人 合格者数 698 人 合格率 64.5% 合格基準 総得点230 点に対し、得点1...

京都で現任者講習会が開かれるそうです

一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会が京都でも現任者講習会を開催されるそうです。こちら日時:平成31年(2019年)3月25日(月)・26日(火)・27日(水)・28日(木)   9:30-19:20(全日)会場:京都リサーチパ...

公認心理師試験(北海道)振り返り⑥

北海道試験の問10です。周囲の状況の影響を十分に考慮せずに、他者の行動が内的属性に基づいて生じていると評価する傾向について正しいものを1つ選べ。という問題でした。心理学門外漢にはポイントが読みにく...

公認心理師試験(北海道)振り返り⑤

問5世界で最初の心理学実験室を創設したW.Wundtの心理学の特徴として正しいものを1つ選べ。こんな問題でした。選択肢以前に、このような問題は難しいです。「特徴」って・・・とつい思ってしまいます。とりあ...

公認心理師試験(北海道)振り返り④

北海道試験の振り返りの続きです。ここからは、当塾の解説チームの説明を見ながら述べていきます。問4ゲシュタルト心理学において中心的に研究され、現在も継続して研究されているものとして、最も適切なもの...

緒に就いた「公認心理師」 課題超え、どう育てる

緒に就いた「公認心理師」 課題超え、どう育てるという記事を見ました。かなり本格的に公認心理師のことを書いた記事です。これまで、正直、あまりしっかりした記事に出会いませんでしたので、あまり期待してい...

「臨床心理士の公認心理師合格戦略」を開催しました

「臨床心理士の公認心理師合格戦略」を開催しました

1月13日に臨床心理士の公認心理師合格戦略を開催しました。たくさんの方々にご来場いただきまずは御礼申し上げます。インフルエンザが流行しており、数名欠席されたとのことでしたが、お大事になさってくだ...

本日、「臨床心理士の公認心理師合格戦略」を開催します

すでにお知らせしていますが、本日1月13日に「臨床心理士の公認心理師合格戦略」を開催します。こちら前回12月16日には、みんなの公認心理師合格戦略でしたが、今回は臨床心理士に焦点をあてます。何度も言った...

次年度公認心理師試験に向けた良い教材とは?

第一回公認心理師試験が終わり、私たちも概ね問題分析、解答、解説の作成が終わりました。次年度は、それを踏まえた模擬試験と講座を作っていくために、今講師陣が準備中です。最近よく質問をいただくのが、どの...

公認心理師試験の問題の幅広さにどう対応するか?(続)

前回の続きです。「幅広いというのは簡単ですが、複合的な根拠を導ける情報量が必要ということになります」というところで終わりましたが、では、その情報量をどうやって獲得するか、ということになります。おそ...