まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

井上博文プロのコラム一覧:研究計画書作成方法

研究計画書作成が本格化しているので、今更感もあるのですが、研究計画が行き詰まるのもこの時期です。研究計画に限った話ではないかもしれませんが、困った時は、基本に立ち返ることは重要です。というわけで、研究計画を作るまでの過程をあらためて書きます。1.だいたいでいいので、キーワー...

仏教は「一切皆苦」を説きます。多分ブッダはどこかのタイミングでこれに気づいてしまったのだと思います。結局どこを向いても苦なのです。例えば正座をしていると、足が痛くなり、その内感覚がなくなり、自分の足とは思えない状態になります。でも、痛いのです。寝苦しい時、体勢をどんどん変えま...

京都コムニタスでは、いよいよ研究計画書、志望理由書などの作成が本格化してきました。これよりは、私たちも闘いのような気持ちになります。連日、夜中までかかって、書き上げていきます。研究計画にせよ、志望理由にせよ、私がとりわけ重視するのは、「筋を通すこと」です。よく理路整然という言...

そろそろ、京都コムニタスでは、書類作成の準備が本格化してきました。私の予約表はすでに2週間夜中12時まで予約が詰まっています。これから、書き始める人が増えてきます。ということで、今回は、書類を書くときの心構えについて述べたいと思います。入試用願書に書類を書く際の基本は、「是非、入...

4月も終盤に入りました。大学の授業も始まり、院生になった人、就職した人はとりあえずゴールデンウィークを目指して、頑張っているのではないかと思います。塾生の方々には、残念ながら、ゴールデンウィークはほとんど関係なく、通常通りの生活になります。この時期は、志望校の募集要項が発表を...

4月も半ばになりました。そろそろ9月までの入試に向けて、研究計画を組み立てていく時期になってきました。研究計画をたてる際に、まず私が最初に言うことは、「料理のレシピ≒研究計画」ということです。研究計画とレシピは構造的に大変似ています。この点についてはこれまでも何度も述べてきました...

研究計画を生徒の方々とたてている際に、私が重視しているのは、それぞれのテーマに行き着いたエピソードです。それが個人的な経験の時もあれば、アカデミックな問いかけの時もあり、様々なエピソードがあります。私は基本的に何でも拾い上げます。そしてそのエピソードをストーリーとして、一本筋...

猫の毛色と攻撃性は関連がある可能性が示唆されると題する研究を見ました。事の真偽は知りませんが、研究ってのはこうやって始めるのだろうなぁ、と思わせるものです。おそらく自分の家で飼っている猫が攻撃的だと思う人が、攻撃的な猫に対して、何らかの法則を見いだしてやろうと思って着手した...

この質問は毎年よく受けています。試験会場でも時々聞かれています。もちろん、間違ってはいけないのは、自分の計画を否定することです。批判と否定は意味が全く異なりますので、混同してはなりません。批判とは自分の論に対して、これが最適であるかどうかを分析して、さらに最適を目指すというも...

最近の若者に、私が感じている傾向は(これを言い出すとおっさん感満載になるのですが)、「良い子」が多いということです。大学で、授業中ほぼ全部寝ている人でも、個人で話すと、良い子です。言葉も丁寧です。見たことも、聞いたこともない人のことを「○○の方々」とか「いらっしゃる」とか言えま...

基本的に大学院は研究をするところです。これが学部と大きく異なる点です。修士号という学位は研究者の免許証と言えます。そのため、大学院入試では、研究者としての資質が問われます。研究者に全く向かない人は、これまでも述べてきましたが、「平気でウソをつきながら、他人を詐欺師などと、ウ...

表題は、今年の臨床心理士指定大学院入試の面接で実際に聞かれた問いです。今はEvidence-basedの時代ですので、何でもエビデンスがあった方がいいという考え方は確かにあるかと思います。しかし、エビデンスとはそもそも医療研究の用語です。私の知る限りにおいてですが、1991年くらいにEBM(Eviden...

京都コムニタスは受験まっただ中です。一次試験合格の報をもらって、面接対策をしたり、学科のチェックをしたり、討論の練習をしたり、と最終調整の段階です。一方で、8月、9月の入試を考えている方も、のんびりしていられる時期ではなくなってきました。先輩の受験の様を見ると、少しずつ焦りが出...

必修の授業で私がよく使うフレーズに「資料に物語らせる」というものがあります。実はこれは私のオリジナルではなく師匠の受け売りではあります。しかし、大変重要な言葉です。我々は資料が物語ることの代弁者でなければなりません。例えば、地球温暖化問題で、ごく最近地球の温度はわずかながら下...

研究計画書の提出は、分野を問わず、多くの大学院受験で課されます。そのため、研究計画作成は書類提出の有無を問わず、面接のためにも質の良いものを作っておくことが重要です。しかし、研究計画は、研究未経験者にはかなりハードルが高いものと言えます。何から始めれば良いのかがわからない、と...

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+