まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

サクセスフルインテリジェンス

サクセスフルインテリジェンスという言葉があります。
ロバート・スタンバーグが提唱した概念です。
Successful intelligence.
(小此木圭吾・遠藤久美恵訳, 知脳革命, 潮出版社, 1998).

この概念は非常におもしろいもので、
局面全体から、極論的には誰かを犠牲にしてまで
「どうすべきか」を導き出します。

私は必修の授業で
「不安を根拠にするな」
と言います。不安にとりつかれた人は
「どうしよう」
という考えに取り込まれてしまい、
思考がストップしてしまうからです。
大切なのは「どうしよう」ではなくて
「どうするか」なのですが、それをスタンバーグは
具体的に説明しているわけです。

スタンバーグは、成功する(サクセスフル)例として
友達から、大きくて価値の低い硬貨と小さくて価値の高い
硬貨のどちらでもやると言われると、大きいほうを選ぶ
マヌケな奴だと思われている子どもが、
「高いほうを選んだら、二度ともらえなくなるから」
と答えたという例を紹介しています。

スタンバーグが言う「どうすべきか」とは
①分析的知能
②創造的知能
③それらをどう実現するかを判断する実践的知能
だということです。

特に③が重要です。
暗記はたくさんできても、暗記したことを
使えなければ意味がないと言う人は多いですが
まさにそれをどう使うかの能力ということだと言えます。

これは周囲から必ずしも優秀と見られている人が
身につけているとは限りません。
アイディアが豊富な人の方がこのサクセスフルインテリジェンスを
身につけていると言えると思います。

大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
http://www.kyoto-com.net/
info@kyoto-com
公式ブログ
http://s.ameblo.jp/kyotocommunitas/
看護学校進学部
http://s.ameblo.jp/communitas-nurse/
大学院&大学ネット
http://www.keikotomanabu.net/college/000177 5298/0001775298.html
龍谷ミュージアム
http://museum.ryukoku.ac.jp/index.php

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share