まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

偽りの心が偽りを生んでいる

2011年7月6日

悩みを抱えながら一生懸命頑張って
ほんとはしんどいはずなのに
自分に嘘をついて気づかない振りをしてても
いつか何かの拍子で爆発するときが来ますよ。
それはどんな形で爆発するかはわかりませんけどね。

何かのきっかけで爆発するといっても
爆発=キレるという事ではありません。
怒りで気が狂い、とんでもない事件を起こしてしまうかもしれません。
鬱や精神的苦痛のあまり、自ら命を絶ったり自暴自棄になるかもしれません。
そうなったらもう取り返しが付かないばかりか
例え最悪は踏み止まったとしても
元のような状態に戻ることもままならないでしょう。
爆発してしまう以前にはもう既に悪い状況へと進行してしまってるのです。

自分を知るとはこういう事。
いくら知らん振りしてても本当はしんどいんです。
この事に気づかない限り
いつか精神的負担に耐えられなくなり
爆発してしまう時が必ずやって来るでしょう。
その前に本当の今の自分を知ることで(向き合うことで)
今までなぜあんなに苦しいの分からなかった状況を
変えていける力を付けることが出来るんですね。
いつまでも気づかない振りや逃げていても
悪い方へしか状況が変わるという事はありません。

変わるかどうかは自分次第。
でも心理カウンセリングは
その変わるためのアプローチ(お手伝い)を積極的に行なって
状況を好転させる、問題を解決へと導く心理的手法なのです。

心理カウンセリングで、今まで隠してた気持ちを話してみてください。
一人で抱えてた想いを打ち明けてみてください。
そうやって話をするだけでも気持ちが軽くなりますし
今まで目をつむってた本当の自分の心に気づけるかもしれませんよ。
特にアートセラピーでのアプローチは
こういった隠された自分の心を見ていくのに有効だと言われています。

何でも物事は原点に立ち返ることが必要です。
迷ったら振り返ってみる必要があるのです。
それは自分の心に向き合ってみるという事。
そんな一回ちょっとかじった程度で解決するようなものではありません。
たとえ今はしんどく辛く感じていても
じっくりと向き合っていくことで必ず抜け出すことが出来ます。

周りに振り回されないことも大事ですが
自分の中の偽りの心に振り回されないこともそれ以上に大事です。
自分こそが変われるきっかけであると、そう強く自分を信じてみてください。
誰か何かのせいにする前に、まずは自分を信じてみてください。

それで一体どう変わるのか?
それは心理カウンセリングの中でじっくり見ていきましょう。
自分を偽らない、自分を信じるという事がどういうものなのかを
あなたの身を持ってして体験してみてください。

あぁ、こういう事だったんだなと
きっとわかる時が来ると思いますよ。

その時になって改めて周りを見渡してみてください。
以前とは、苦しんでた時の状況とは
ずいぶん違って周りが見えることに気づくと思います。



ご意見ご感想、あなたの聞きたい事を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-19
rss
ブログ
2018-10-19
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook