マイベストプロ神戸
三谷文夫

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

三谷文夫(みたにふみお)

三谷社会保険労務士事務所

コラム

〇〇記念日で就業規則見直しを仕組み化した会社

2019年4月15日

テーマ:労務管理

一般社団法人日本記念日協会さんが、
「今日は何の日?」というページを公開していて、
毎日なんらかの記念日であることを確認することができます。

例えば、今日4月15日は、このような記念日があります。

・IJIMEQUEST 415の日
・いちご大福の日
・日本巡礼文化の日
・からあげクン誕生日
・良いコラーゲンの日
・よい酵母の日
・京和装小物の日
(一般社団法人日本記念日協会ホームページより)

私が、ある会社で「こんな記念日があるんですよ」と雑談の中でお話したら、

その社長が興味をもって、

「では、うちの会社でもなにか記念日を作ろう」と言い出し、

その結果、「就業規則制定日」が記念日となりました。

その日は、管理職(10名ほど)が集まって、就業規則を読み合わせ、
見直す日とするそうです。

ちょうど就業規則を見直していたこともあったので、
そのような流れになったと思うのですが、
従業員向けにもよいメッセージになりますし、とてもよい取り組みだと思いました。

年々、労働関係の法律が変わったり、従業員の働きが変化していく中で、
「記念日」という切り口で、毎年就業規則を意識する仕組みが作れたことは、
とても上手な「記念日」の使い方ですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
経営者と従業員がともにハッピーになるための組織づくりを支援します。

社会保険労務士 アンガ‐マネジメントファシリテーター
三谷 文夫

三谷社会保険労務士事務所
https://www.srmitani.jp
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事を書いたプロ

三谷文夫

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

三谷文夫(三谷社会保険労務士事務所)

Share
関連するコラム

三谷文夫プロのコンテンツ