マイベストプロ神戸
三谷文夫

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

三谷文夫(みたにふみお) / 社会保険労務士

三谷社会保険労務士事務所

コラム一覧

RSS

労働条件の通知をLINEで行うことも可能です

2019-11-20

入社時に行う労働条件の通知ですが、LINE等のSNSでも可能です。しかも、PDF 等のファイルを添付せずに本文に直接入力、送信することも可能です。ただ、注意する点もあります。法令上の要件では、「出力す...

季節性インフルエンザに罹った従業員。休業手当の対象になることも。

2019-11-19

インフルエンザで休んだ従業員がいた場合、それを有給として処理していますか。それとも、欠勤として無給で処理していますか。私の見てきた会社では、有給(年次有給休暇)として処理しているところが多いよ...

就労パスポートを知っていますか。

2019-11-18

就労パスポートというものをご存知でしょうか。就労パスポートとは、障害のある方が、働く上での自分の特徴やアピールポイント、希望する配慮などを就労支援機関と一緒に整理し、就職や職場定着に向け、職場...

テレワーク中の中抜け時間。どのように管理する?

2019-11-17

テレワークにおいて、「中抜け時間」はどのように対応すればよいでしょうか。「中抜け時間」というのは、自宅等で仕事をしている際、「ちょっと銀行に行きたいから一旦業務から離れます」「子どもを幼稚園に...

事実と思い込みの区別ができると、イライラとの付き合い方も変わります。

2019-11-16

今回は、思い込みと事実を切り分けよう!という話です。先日飲み会があったときのことです。その時、私は大変深酒してしまい不覚にも寝てしまいました。ハッと目を覚ますと、30分くらい寝ていたようです。...

就業規則に絶対記載しなければならないこととは。

2019-11-15

就業規則には、必ず記載しておかなければならない項目があります。これを絶対的記載事項というのですが、この項目について抜け漏れがあると、法的に就業規則の体をなしていることになりません。絶対的記載事...

長時間労働者の医師面談。費用は会社負担になるのか。

2019-11-14

「長時間労働者への医師の面接指導」。今日は、この面接指導に係る費用の件についてご説明します。そもそも長時間労働者への医師による面接指導というのは、時間外労働時間が80時間を超えて、疲労の蓄積が...

ストレスチェックプログラムがあることをご存知ですか

2019-11-13

厚労省がストレスチェックのプログラムを提供していることをご存知ですか。こちらのページから新バージョンをダウンロードできます。https://stresscheck.mhlw.go.jp/この厚労省のプログラムは、最初の設定...

身近な人にほど「怒り」を強く感じる理由

2019-11-12

怒りは、身近な対象にほど強く感じます。具体的には、夫や妻、同僚や上司、部下など、普段接する機会が多い人にイライラしていることって多いと思いませんか。確かに、テレビを観ていて、政治家の不用意な発...

高校生アルバイトがやりがいを感じるのは「感謝の言葉をもらったとき」

2019-11-11

マイナビが「高校生のアルバイト調査」を初めて実施しました。この調査の対象は全国の15~18歳の高校生男女2,164名とのことです。今回の調査の中でもっとも興味深かったのが、「アルバイトとして働く中で、や...

イライラとの付き合い方。自分の一次感情に気付くことが大切

2019-11-10

イライラしている時って、実はその裏には大体、「不安な気持ち」であったり、「寂しい気持ち」といった、ネガティブな感情があることが多いです。怒りの感情というのは、二次感情と言われます。すなわち、一...

今のうちに「勤務間インターバル制度」を導入して先行利益を得ませんか。

2019-11-09

厚生労働省から、働き方改革の一つとして導入することが企業の努力義務となった「勤務間インターバル制度」の導入状況の調査結果が発表されていました。こちらによると、全体での導入はわずか3.7%に留まり、...

今日は社労士試験の合格発表日でした。

2019-11-08

本日11月8日は、社労士試験の合格発表日。今年の合格者は約2500名。合格率は、6.6%。私の周りの合格者からもご連絡がありました。合格された方、本当におめでとうございます!一方、実は、私の顧問先企...

採用のミスマッチをできるだけなくすための採用方法

採用のミスマッチをできるだけなくすための採用方法

2019-11-07

採用にお困りの会社に、持ち味カードを利用した採用の仕組みを提供しています。採用でミスマッチを生まないようにするための第一歩として、人材要件づくりがあります。この人材要件づくりは、もちろん、...

育児介護休業規程が「惜しい」内容になる理由

2019-11-06

働き方改革

規程の見直しの件で、様々な会社からのご依頼がありますが、育児介護休業規程(以下、「育介規程」)は、意外と漏れがあったり、「惜しい」内容だったりすることが多いです。そもそもこの育介規程自体がない...

この専門家が書いたJIJICO記事

「脱時間給」とは?労働生産性が向上すると考えられる理由

「脱時間給」とは?労働生産性が向上すると考えられる理由

2017-09-01

「脱時間給」は労働生産性を向上させるひとつの手段になると考えられます。前提として企業の適切な労働時間マネジメントが浸透している状況が必要です。

佐川急便が週休3日制を導入!企業の人材不足解決の一助となるのか?

佐川急便が週休3日制を導入!企業の人材不足解決の一助となるのか?

2017-06-23

働き方改革

佐川急便が週休3日制を導入するというニュースがありました。ヤマト運輸も検討をしているそうです。この施策によって、企業の人材不足解決につながるのでしょうか?

スキルのない社員はピンチ 労働者にも厳しい働き方改革

スキルのない社員はピンチ 労働者にも厳しい働き方改革

2017-04-16

働き方改革

働き方改革では同一労働同一賃金、最低賃金の引上げ、長時間労働の是正など労働者の多くの方に歓迎されるキーワードが並んでいますが、一方で労働生産性向上のために労働者にも厳しい働き方が求められていくでしょう。

テレワークに二の足踏む企業 働き方改革の柱となることは可能か?

テレワークに二の足踏む企業 働き方改革の柱となることは可能か?

2017-02-25

働き方改革

働き方改革の柱と期待されているテレワークですが二の足を踏む企業が多いようです。テレワークを今後普及させていくには、労務管理やIT技術の活用能力の向上などテレワーク化しやすい環境整備が必要となります。

マイルドヤンキーが中小企業の人手不足を救う

マイルドヤンキーが中小企業の人手不足を救う

2014-12-29

流行語大賞にもノミネートされた「マイルドヤンキー」。「地元志向が強い」「家族・仲間が大好き」という特性を持ち、アットホームな会社に親和性がある。地元密着の中小企業の人手不足に一役になると社労士の考察。

高時給に惑わされない「ブラックバイト」チェック

高時給に惑わされない「ブラックバイト」チェック

2014-12-07

あるアンケート調査の結果、学生の約7割が不当な扱いを経験していたことが判明。ブラックバイトを見極めるには時給に惑わされず、まずは働くスタッフを実際に見てみること。会社を選ぶ目を養うことも必要と社労士。

パワハラ被害で退職、その後の生活を守るために

パワハラ被害で退職、その後の生活を守るために

2014-09-13

特に中小企業において、パワハラを受けたら退職せざるを得ないケースが多い。その後の生活を守るには、誰かに相談し肉体面・精神面をケアすることで鬱病の発症を防ぐことが大切。また、離職票の退職理由には要注意。

未払い賃金に科せられるペナルティ

未払い賃金に科せられるペナルティ

2014-08-02

「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービスが従業員923人に対して2億5500万円の未払い賃金があったと発表。未払い賃金のほか遅延損害金、付加金の支払いと、科せられるペナルティについて社労士が解説。

在宅勤務制度を導入する5つのメリット

在宅勤務制度を導入する5つのメリット

2014-07-07

政府は、景気対策としてIT政策の新戦略に在宅勤務(テレワーク)推進を盛り込んだ。中小企業でも在宅勤務制度を導入しようとする動きが見られ始めている。懸念点を払しょくするメリットについて社労士が解説。

働く前から知っておきたい労働法の基本

働く前から知っておきたい労働法の基本

2014-06-21

勤め先が「ブラック企業かどうか」を見極めるには、個人が労働について最低限の知識を持つことが大切。賃金や労働時間など、労働者と会社が互いに納得した上で結ぶ労働契約の基礎知識について社労士が解説。

ワークライフバランスを推進すべき4つの視点

ワークライフバランスを推進すべき4つの視点

2014-05-31

日本社会に浸透してきた「ワークライフバランス」。その格差は広がり、後回しにされている企業では業績に悪影響も。中長期的には業績向上をもたらすことが様々な研究で明らかに。推進すべき理由を社労士が解説。

労基署からの残業代支払命令は絶対?

労基署からの残業代支払命令は絶対?

2014-05-18

労基署への申告のうち賃金不払いが圧倒的な割合。しかし、労働もしていない残業に対しては残業代支払の勧告に従う必要はない。送検される可能性もあり基本的には積極的・協力的に従う姿勢を持つことが大切と社労士。

退職妨害増加。労働者ができる対策

退職妨害増加。労働者ができる対策

2014-04-29

「辞めたくても、辞められない」。最近、増加する退職妨害の背景に、経営者側の一方的な理屈と労働者側の無知があると社労士。退職妨害にあった場合、労働者は最終的には、しかるべき相談機関に話をすることが大切。

「限定正社員」期待と懸念

「限定正社員」期待と懸念

2014-04-18

ユニクロが1万6千人のパートを「地域限定正社員」とする旨が報道。「限定正社員」に期待する第一は雇用の安定。しかし、悪用するブラック企業が解雇を正当化する懸念も。「限定正社員」について社労士の見解。

「男性育休100%」が企業にもたらす効果

「男性育休100%」が企業にもたらす効果

2014-04-06

大手生命保険会社で男性の育休取得率が100%に。男性の育休取得率は全体で1.89%(2012年度)であるにもかかわらず、義務化してまで推進しているのはなぜ?デメリットを上回る効果について社労士が解説。

三谷文夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0795-58-8815

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三谷文夫

三谷社会保険労務士事務所

担当三谷文夫(みたにふみお)

地図・アクセス

三谷文夫のソーシャルメディア

facebook
Facebook

三谷文夫プロのコンテンツ