まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

コラム

ちょっといい言葉 47 ゲシュタルトセラピーの創始者パールズの人生の言葉

ちょっといい言葉

2014年10月3日 / 2014年10月4日更新

ゲシュタルトの祈り


「私は私のことをなし、 あなたはあなたのことをなす
   私がこの世にあって生きるのは、あなたの期待に応えるためではなく
         あなたもまた、私の期待に応えるために生きているのではない。

 あなたはあなた
 私は私

 私たちが心触れ合うことがあればそれはすばらしいことだが
   たとえ、心触れ合うことができなくても、
           それはそれで仕方がないこと。」

ゲシュタルト・セラピーの創始者であるフリッツ・パールズの「ゲシュタルトの祈り」



「自分が自分であること」に全力を尽くして生き抜いた人


しかし当時の人気セラピストであったフリッツ・パールズを「ナイス」だと言った人はひとりもいないと言います。
ひとことで言えば「自分が自分であること」に全力を尽くして生き抜いた人。

こんなエピソードがあるといいます。

やはり当時自己実現で有名なセラピストであったアブラハム・マズローの講演会を聴講していたパールズは、
「これは学校みたいだ。ここには生徒がいて、そこに教師がいて、正しい答えを与える」
と言ってマズローを挑発したというのです。
それだけでなくさらにパールズは自ら椅子から床に滑り降り、マズローの方に向かって這って行き、彼に腕を伸ばして
「ここに、みんなのいるところに降りて来なさいよ。普通の人のところに降りて来なさいよ。」
と言ったというのです。

ここまで自分の本音で生きることを実践していると、痛快ですね。

私はあなたのために生きているのではない。
あなたはあなた
私は私。

なるほど!

思春期・青年期・大人の発達障害・不適応等ならオフィス岸井へ

カウンセリング・オフィス岸井⇒ホームページはこちらから
•電話:090-1243-9646 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
*当相談オフィスは完全予約制です。
面接をご希望の方は、事前に必ずメール、電話などでご連絡ください
(ホームページからメール【kishii@kobe.zaq.jp】へ予約申し込みができます)
•定休日:月・火・日

この記事を書いたプロ

岸井謙児

岸井謙児(きしいけんじ)

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ