マイベストプロ福岡
山下純司

ヨガやピラティスなどのプログラムを生かした健康運動実践指導のプロ

山下純司(やましたじゅんじ) / トレーナー

フクラメディカルフィットネス

コラム

骨盤について③ 骨盤底筋群について

2021年2月19日 公開 / 2021年3月2日更新

テーマ:体の構造について

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: ダイエット 食事ライフスタイル 女性

皆様こんにちは!

福岡県朝倉市にある、フクラメディカルフィットネスの
トレーナー山下純司です。

骨盤の記事3投稿目です。

骨盤について①

骨盤について② 骨盤の歪みについて


今回は、男女とも高齢になると悩みの一つとして

あがる、尿失禁や尿漏れの原因の一つ、骨盤底筋群について投稿します。

骨盤底筋群とは?こちらの画像をご覧ください。




イラストではこちら





こちらのリンクを参照

上から見ると




こちらのリンクを参照

骨盤底筋群を構成している筋肉。

深層部
・恥骨尾骨筋
・腸骨尾骨筋
・恥骨直腸筋
・尾骨筋

浅層部
・深会陰横筋
・浅会陰横筋
・球海面体筋
・坐骨海面体筋
・外肛門括約筋
・外尿道括約筋




プロメテウス解剖アトラス/解剖学総論第3版より引用


骨盤底筋群の役割は?
○骨盤の中にある臓器(膀胱・腸・子宮(女性))を支える
○排便・排尿のコントロール



この骨盤低筋が弱くなると?

症状としては、
尿失禁・便失禁・頻尿・便秘・骨盤内臓器脱・膣のゆるみ・
性的機能不全などがあげられます。


骨盤底筋群が弱くなる原因は?

・妊娠・出産
・加齢
・肥満
・運動不足

デスクワークが多く、運動不足になりやすい現代女性は、
出産経験がない20代でも
使わなければ低下します。
男女ともに
運動不足の人は20~30代でも注意が必要です!

また、妊婦の方は、妊娠中、出産後の
ホルモンバランスにより、
筋力が低下しやすくなるので、
注意が必要です。


予防はするには、

日頃から骨盤底筋群を鍛えることです。

骨盤底筋群も身体のほかの筋肉と同じように、
使わなければ自然に衰えていきますが、
エクササイズやトレーニングなどをすることで
何歳からでも鍛え直すことができます。


将来の為にも早いうちから
骨盤低筋のトレーニング
は行いましょう!

次回はトレーニング法を紹介したいと思います。

お問い合わせはこちらをクリック
フクラメディカルフィットネス

この記事を書いたプロ

山下純司

ヨガやピラティスなどのプログラムを生かした健康運動実践指導のプロ

山下純司(フクラメディカルフィットネス)

Share

関連するコラム

山下純司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0946-28-7833

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下純司

フクラメディカルフィットネス

担当山下純司(やましたじゅんじ)

地図・アクセス

山下純司のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

山下純司プロのコンテンツ