まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

心理職と医療機関

公認心理師

2018年2月8日

当塾を出た人の中に、臨床心理士として病院に就職した人はたくさんいます。最近、数名から聞いたところによると、やはり公認心理師を取るように言われているそうです。おそらく、これから医療機関で働こうとする人は、何らかの形で公認心理師の資格をもっておいた方が何かに有利になることが見込まれます。
参考になりそうな新しい記事で
9月に公認心理師国家試験、医療機関への影響は?
公認心理師の精神科入院障害者支援を評価へ
は目にとまりました。
おそらく公認心理師の支援は、医療関連機関で用いられる場合、保険適用になるかどうかが重要な問題になるかと思います。そこに例えば臨床心理士もあわせて持っていないといけないというような、別のルールがつくのかどうかも注目ポイントです。認知行動療法はすでに保険適用がなされているわけですが、これを公認心理師ができるようになると、心理職の就職のあり方もかなり変わってくると思います。また心理療法のエビデンス研究ももっと進むことになると思います。是非、多くの心理職の人々に実りある発展をして欲しいと願います。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share