まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

何が心理カウンセリング?

2010年5月10日


心理カウンセリングは
心が、精神が病んでからとか
病んでる人が受けるというものではありません。

人によっても様々ですが
最近何だかしんどいなぁ、疲れたなぁと感じたら
その時が一番適切な頃合なのかもしれません。
ただ話しを聴いてもらいたい。
それだけでも全然構わないんです。
本当に症状が深刻化してしまう前に受ける事が大事なんです。
予防の心理カウンセリングですね。

もちろん全く健全な状態でも
深く病んでしまっても
まだ早いとか、もう手遅れだなんて事はありませんよ。

心理カウンセリングに、何がとか
どんな状態だからというのはありません。
どうせ誰も何もわかってくれない。
孤独だなぁ・・・。
ちょっとリフレッシュしたいんだけど。
真剣に、今の状況をどうにかしたい!

はい、カウンセリングルームにお越しください。
人生の問題、心の問題が扱うテーマです。
いえ、問題とは言わなくても
私はこうなりたいと思っている。
という夢を語っていただいても構いません。

心理カウンセリングなんて・・・。
別に心なんて病んでないから・・・。
病気の人が行くところでしょ?自分は病気じゃない。
もしこのような思いをされてると
私はちょっと心配です。

病院の精神科ですと、多少そういう思いもあるかもしれませんが
カウンセリングルームというのは
普段やり場のない心の居場所なんですから。
本当の自分をさらけ出せる場所。
さらけ出してもいい所。
あなたの秘密は守られる場所。

本当に、しんどい方は難しいと思います。
ですが、ほんのちょっとだけ勇気を絞って
カウンセリングルームに来てみませんか?
私は心理カウンセリングというものを信じてますし
本当に何か変わるかもしれません。
私も支えていきますので
どうしても踏み出せない方
ちょっとだけ勇気を出してみてください。

誰からも責められる事なんてありません。
あなたの心の安全が守られるところなんですから。

私は、あなたのお越しを心からお待ちしてますからね。

ちなみに、普段の生活に心理カウンセリングを活かしたい
心というものを探ってみたい、勉強したいなど
そういった志のある方もお待ちしてますよ。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-22
rss
ブログ
2018-09-22
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook