まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
福味健治

建築主の思いを形にする注文住宅のプロ

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
06-6714-6693

福味健治プロのコラム一覧

 進歩する速度が遅い住宅 車や電化製品は毎年の様にモデルチェンジを行います。その都度デザインが洗練され研ぎ澄まされて行きます。それに比べ住宅のデザインは進歩の度合いがゆっくりしています。大きな買い物ですから、失敗出来ないという意識が働くのも当然ですが、それ以前に文化としての...

 普通の家は、エアコン無しに外気温よりも低くはならない 前回、太陽の熱を家の中に入れない方法を、コラムにしましたが、それだけでは涼しい家にはなりません。蒸し風呂状態を避ける事が出来ても、外気温以下にはなりません。外気温が35度であれば、室温も35度になります。まして、家の中にはテ...

 暑さ対策は屋根・天井面が重要 このグラフは、一年間に受ける単位面積当たりの熱量を、方位別に表したものです。縦軸は熱量の多さ、横軸は季節の推移を示しています。黒い線は東西面、紺色は北面、赤は南面、緑は屋根面を表しています。これを見ると夏場、屋根面は圧倒的な熱量を受けている事...

 何故中古住宅か どうせなら、新築住宅をと考えるのも心情です。予算が許せば、新築に越した事はありません。しかし、土地代も含め総予算のある中で、物件を探して行くと、希望する立地条件では、新築に手が届かない場合も出て来ます。その際に立地条件をもう少し妥協して、土地値が安い場所に新...

 見た目だけかな? 8月7日よりマイベストプロのページが一新されています。使い心地を試しているのですが、画面構成が変わっただけで、中身は以前のままのようですね。総合ポータルサイトなので、目的のお悩みをいかに素早く検索できるかが、成長のポイントかと思うのですが、画面のレイアウト...

 8月は7月よりも暑くなる根拠 例年7月よりも8月の方が平均気温は高いですが、今年の7月の暑さは異常でした。今年も、8月は7月よりも暑くなるのでしょうか。家の中だけに関して云えば暑くなります。理由は、太陽の高度にあります。7月は夏至に近く、太陽高度は南中時で77度の高さま...

 最大250万円の補助金がもらえます。 サスティナブル社会へ順応させるため、既存住宅を調査し(ホームインスペクション)、新築の長期優良住宅に準じる、長寿命な家に改修する為に、既存住宅長期優良住宅化リフォーム事業が、展開されています。既存住宅を、断熱化・耐震化・長寿命化させ...

 今回の台風は普段と違った方向から来ます 土曜日未明から日曜日朝にかけて、台風12号は近畿地方に最接近する模様です。通常の台風は南又は南西から近畿地方を通過しますが、今回の台風は南東又は東から近畿を通過します。通常の風向きとは異なる方向から風が吹きつけますので、普段雨漏れし...

 都市型の地震は大きな災害となる 観測史上、大阪では初となる、震度6弱を観測した大阪北部地震。地震規模の割に大きな被害が出ました。応急危険度判定では、1/4~1/5の家屋が危険と判定され、二次災害の危険性も残されています。写真は、地震波形を解析したスペクトルですが、阪神大震...

 建売住宅と注文建築は何故差別化されるのか 一般に建売住宅は安く、注文建築は高いというイメージがあります。実際には建売住宅でも注文建築より高く、注文建築でも建売並みの価格の建物もザラにあります。価格で差別する事は難しいのです。使っている材料でしょうか。一般に建売住宅に使わ...

 ZEH申請は本当にゼロエネか 環境省や経産省が推進しているZEH(ゼロエネルギーホーム)事業。建物の断熱化を強化して、ソーラーパネルやエネファームで創エネして、家で使う総エネルギーをプラスマイナスゼロにしようと云うもの。補助金が出ますので、新築を計画されている方には関心の高い...

 政府が発表している被害想定 この画像は私も何度も取り上げている上町断層が動いた際の被害想定を表す予想地図です。倒壊家屋97万戸、死者数42000人が想定されています。阪神大震災の死者数が6000余人でしたので、その規模を類推すると日本が被るダメージの大きさを容易に想像できま...

 人口地盤の上に建物を乗せて免震させる方法 ネット上で免震で検索すると様々な工法を見つける事が出来ます。その中で地面の中にプラスチックで出来た成形品を並べ、その上に基礎を築き建物を建てる工法を見つけました。プラスチックの成形品と基礎は一体化しておらず、その界面が免震して建...

 異常気象なのか 梅雨明け10日と云うのは昔からのことわざで、梅雨が明けたら夕立も降らない猛暑日が10日は続くと言うものです。今年は10日どころかいつまで続くのか分からない猛暑日の連続です。昨今の気象は数十年前と比較すると確実に暖かくなっています。私が子供の頃は暑いと言っ...

 3Kの象徴の様な現場監督業 バブル崩壊以降長期低迷を余儀なくされていた建築業界ですが、今年に入り異変が発生しています。現場監督が足りないのです。複数社の工務店さんが異口同音に現場監督がいないと云います。現場監督と呼ばれる施工管理者は、工程管理・品質(施工)管理・予算管理・...

福味健治プロのその他のコンテンツ

Share