マイベストプロ大阪
福味健治

建築主の思いを形にする注文住宅の専門家

福味健治(ふくみけんじ) / 一級建築士

岡田一級建築士事務所

コラム一覧

RSS

建築の失敗を減らす方法

2021-04-27

一番多い失敗は思い違いと云い忘れ 他の工業製品と異なり、住宅建築は一回限りのぶっつけ本番の勝負です。自動車や他の工業製品は試作品を作り様々な角度から検証し、製品として世に送り出されますが、注文住宅...

地震の時【廊下が安全】は間違い。地下鉄は【電車に避難】も間違い

地震の時【廊下が安全】は間違い。地下鉄は【電車に避難】も間違い

2021-03-12

視聴率しか考えず、本質を報道しないバラエティー番組 今年も3月11日がやって来て、地震の恐ろしさを再認識しています。テレビもゴールデンタイムに地震の特集を組んでいましたが、見ていると内容が目も当てら...

勤続疲労?

2021-02-22

最近のプロ野球解説で気になる用語 私はプロ野球ファンで、キャンプ開始時から贔屓しているチームの状態を、ネットやCSTVで確認しています。今年もキャンプ終盤を迎え、いよいよ実戦形式の練習を行う時期に差し...

震災は忘れた頃にやって来る

2021-02-19

建築基準法は建築技術より遅れている 東日本大震災の余震と思われる地震が、先日起こりました。先日深度6強と云う大きな地震だった割に建物への被害が少なかった様です。しかし、これは運が良かっただけにすぎ...

確認申請に印鑑が不要

2021-02-09

今年初めより確認申請に印鑑が不要になりました 今まで建築主の印鑑は、確認申請書、工事監理者届、委任状等に必要でしたが、電子申請すれば不要になっています。紙ベースの申請でも委任状のみ押印があれば、後...

コロナ禍の換気設備の選び方

2021-01-29

コロナ禍で家の換気の重要性が見直されている コロナウィルスの家庭内感染が問題になっています。手洗い消毒も重要ですが、コロナはそれ以上に飛沫感染が問題視されています。去年の今頃はマスクはウィルスに対...

第三種地盤の擁壁

2021-01-14

斜面地は安いが擁壁で高くつく 斜面地は平地に比べ、土地値が安いと言うメリットがあります。土地を安く買って擁壁を作って平地にすれば安上りだと誰もが考えますが、擁壁は想像以上にお金がかかります。少し...

セ・パの実力差は存在するのか

2020-12-21

セ・パの実力差は私も4年前に指摘しています 私も野球ファンなので、野球関連のSNSをよく見ます。セリーグが弱いのはDH制が無いからだ。と言う識者の意見が大半を占め、セリーグの弱さがプロ野球の衰退に繋がる...

リビングを広くしても良い事はない

2020-10-30

何故リビングは広い方が良いのか 海外のテレビドラマや、豪邸拝見とかのテレビ番組を見ていますと、広いリビングに憧れます。広い空間で一日を優雅に過ごす自分を想像するだけでも夢が膨らみます。全てにゆと...

土地は人気で選んではいけない

土地は人気で選んではいけない

2020-07-25

注文住宅

毎年発生する水害 この度の豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。世界中の都市は川沿いの平地にあります。特殊な事情でマチュピチュの様に山岳に作られる都市もありますが、これはごく少数です...

木造家屋と積み木の家

2020-06-29

柱が沢山入っていても地震には無力 木造の家の上棟作業を見ていて、一般の方は柱の数を多さに驚かれます。30坪前後の家でも50本程度の柱が使われています。これだけの柱で建物を支えれば、さぞかし頑丈な家にな...

コロナとエアコン

2020-06-05

エアコンで家中にコロナウィルスが拡散する事はない 多くの方が空調と換気を混同して考えられています。大きなビルやホールは別として、一般的な家であれば、空調はパッケージエアコンで部屋ごとに単独で行いま...

地震は忘れた頃にやって来る

2020-05-07

関東で地震が頻発しています・・・ テレビやマスコミは、コロナばかりを報道していますが、活動期に入っている地震が終息した訳ではありません。地震は必ず発生します。今週初めから関東の房総付近で中規模の地...

コロナウィルスで家庭内感染を防ぐ方法

コロナウィルスで家庭内感染を防ぐ方法

2020-04-28

家庭内感染を防ぐ方法 自粛ムードが高まって、繁華街の人出は目に見えて少なくなっています。そんな中で問題になり始めたのが家庭内感染です。家族が外出せず、家庭内で濃厚接触を続けているのですから、家族の...

ニューヨークの医師も空気感染を認識している

2020-04-07

新型コロナウィルスは状況だけ見れば空気感染している。 前々から、新型コロナウィルスの空気感染の可能性をコラムにしましたが、ニューヨークでコロナウィルスと戦う最前線の医師が、空気感染しているとレポー...

この専門家が書いたJIJICO記事

耐震基準の常識を覆した熊本地震

耐震基準の常識を覆した熊本地震

2016-04-29

熊本地震では耐震改修がなされた建物にも被害が及んだことが話題に。しかし、建築基準法は建物の中にいる人の生命を守ることに主眼が置かれており、その意味において耐震基準は正しかったとも言える。

イメージダウンの「免震ゴム」が持つ本来のチカラ

イメージダウンの「免震ゴム」が持つ本来のチカラ

2015-04-01

「免震ゴム」の性能改ざんのニュースが話題となり、建設業界の信用を失墜させるまでに波紋を呼び、大臣認定制度のあり方まで問われている。イメージダウンは免れないものの、本来は地震に対して大きな効果がある。

耐震補強を低コストで実現する知恵

耐震補強を低コストで実現する知恵

2015-02-02

何の兆候もなく、突然、襲ってくる地震。耐震補強の費用は、実は高くないと一級建築士が指摘。古い家の耐震補強は、高価で高性能な耐震装置を用いるのでなく、安価な装置を数多く、バランス良く配置する方が良い。

冬場の天敵、住まいの結露対策

冬場の天敵、住まいの結露対策

2015-01-11

家のメンテナンスで、冬になると気になるのが結露対策。最近の家は気密性が高いため、悩んでいる人が多い。断熱効果を高める工夫を施すことが最も効果的。2時間に1回程度の頻度で部屋の空気を入れ替えるのも有効。

地震に強い家を手に入れるには

地震に強い家を手に入れるには

2014-04-07

南海トラフ地震や直下型地震への不安をかきたてられる人も多い。建築基準法では最低の基準しか定められておらず、安心できない。大地震に耐えうる家づくりのためには、耐震性能を具体的にリクエストすべきと専門家。