マイベストプロ鹿児島
海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

コラム一覧

RSS

経営者は方向性や方針をはっきりと決めよう―目の前に突きつけられているテーマに経営者はどう向き合うべきなのか―Ⅱ

経営者は方向性や方針をはっきりと決めよう―目の前に突きつけられているテーマに経営者はどう向き合うべきなのか―Ⅱ

[実行していない経営者が実に多いという事実]こうやって分けて考えてみると、経営者がどの位置にいるのか、実に多くの段階に分かれることがわかります。ここでわかることは、段階が進むほど極端にその数が減...

変わることが当たり前の時代の経営を考える―目の前に突きつけられているテーマに経営者はどう向き合うべきなのか―Ⅰ

[経営者を分類すれば・・]私は、地方において長年税理士という職業を続けてきていますので、これまで様々なタイプの経営者を見てきました。顧客である社長さんたちはもちろんのこと、そのほかにも多くの会合...

親近感や安心感を覚える地元の企業経営者発の情報―これまでになかったチャレンジングな手法、地方メディアで狙う統合戦略ーⅡ

親近感や安心感を覚える地元の企業経営者発の情報―これまでになかったチャレンジングな手法、地方メディアで狙う統合戦略ーⅡ

[限定された地元地域への情報提供を基盤に]地縁血縁関係を超えた、何か新しい関係性(あくまでもビジネス上の、ですが・・・)の築き方はないものだろうか・・・・これが私の大きなテーマになったのです。そ...

地縁血縁社会の外に出た関係性を築く―これまでになかったチャレンジングな手法、地方メディアで狙う統合戦略ーⅠ

地縁血縁社会の外に出た関係性を築く―これまでになかったチャレンジングな手法、地方メディアで狙う統合戦略ーⅠ

[他者への依存度の高いビジネス意識では通用しない]私はこれまで「地方ではプライベートにおいてもビジネスにおいても、地縁血縁関係が重視され、その関係性をベースに地域社会の基本的な生活が営まれている...

「タイプ」ではなく「レベル」を伝えたかった―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅴ(おしまい)

「タイプ」ではなく「レベル」を伝えたかった―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅴ(おしまい)

[目指すは、地域の事情に合った最高レベルのビジネス方式]東京主義だ、なんだと散々揶揄されたものの、自らのビジネスは、なんとか伸ばしてきた私ですが、決して「東京主義」や「東京方式」といったものを貫こ...

求められるのは未知の顧客の開拓―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅳ

求められるのは未知の顧客の開拓―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅳ

[すべてを変えて行く必要があった]これまでのように、地縁血縁をベースに成立していた商売が維持できなくなってきたために、それまでの地域社会というマーケットからできるだけ脱却して新しい市場を開拓する必...

維持困難になった地縁血縁をベースにした商売―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅲ

維持困難になった地縁血縁をベースにした商売―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅲ

[極めて「地縁血縁」で結びついた社会]さて、「なぜこんな風に普通の商慣習やビジネスマナーが行われていないのだろう?」と最初不思議でしたが、やがてその原因が掴めました。それは地元が極めて「地縁血...

「東京主義」とか「東京方式」という非難―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅱ

「東京主義」とか「東京方式」という非難―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅱ

[田舎に合わせなければとは全く考えなかった]「ビジネスマナーやまともな商習慣に欠けるなあ・・・」と、思いながら始まった田舎でのビジネス生活。さてそこで、私がどう考えどう行動したかというと、「仕...

地方に帰って驚いたこと―異なるビジネス慣習、地域性との戦い―Ⅰ

[なかなか通じないビジネス上の習慣]20年前、東京から故郷である鹿児島へ戻って地方のビジネス社会に入っていったときに驚かされたことが幾つかありました。それは、東京にいる頃、当たり前に行なっていたビ...

人口が半減した過疎地にもかかわらず、売上と事業規模を2倍にー何故マーケティングは不可欠なものなのかーⅢ(おしまい)

人口が半減した過疎地にもかかわらず、売上と事業規模を2倍にー何故マーケティングは不可欠なものなのかーⅢ(おしまい)

東京で実務を通じて徹底的にマーケティングを追求してきた私には、この状況にもかかわらず、親子2代にわたって手をこまねいている、というのが何とも不思議な光景でした。「昔のように売れないのであれば、何と...

旧態依然とした意識が変わらなければどうなるのかー何故マーケティングは不可欠なものなのかーⅡ

旧態依然とした意識が変わらなければどうなるのかー何故マーケティングは不可欠なものなのかーⅡ

[悪い方の典型的なパターンは・・]旧態依然としたビジネス観が根強く残っている田舎の状況・・・基本的には今でもこの意識の構造は変わっていないのです。この「意識」が変わらないと、どういうことになる...

地方に根強く残る旧態依然としたビジネス観ー何故マーケティングは不可欠なものなのかーⅠ

[商売をする側の『意識』がちっとも変っていないなあ・・・]私は、1980年代から1990年代にかけて、東京で友人と立ち上げたマーケティングリサーチの会社を10年以上経営した経験を持っています。その会社に一...

本来「売り手市場」でも「買い手市場」でも顧客への接し方は変わらないはずー蔓延する成功体験という劇薬ーⅥ(おしまい)

本来「売り手市場」でも「買い手市場」でも顧客への接し方は変わらないはずー蔓延する成功体験という劇薬ーⅥ(おしまい)

[「よし、とにかく任せよう。」 という度量が必要]もし、自分がなかなか新しい考え方、方法、技術、テクノロジー、システムといったことを受け入れられない、と自覚したならば、そういった現状に対して抵抗を...

人間は、威張りたい、という欲望を持つ動物?ー蔓延する成功体験という劇薬ーⅤ

[他者に対して優位に立ったという記憶はなかなか消えない]おそらく人は、本質的に誰かに対して「威張りたい、威張ってみたい」という、欲望を持つ動物なのでしょう。だから例え一時でも、他者に対して優位に...

『売り手市場』でいい思いを経験した甘美な記憶ー蔓延する成功体験という劇薬ーⅣ

『売り手市場』でいい思いを経験した甘美な記憶ー蔓延する成功体験という劇薬ーⅣ

[リトマス試験紙のような質問]経営者の脳内を支配している『成功体験』という、一種の麻薬のような甘美な記憶。これが、多くの経営者たちが変われない大きな要因ではないか、というのが私の見立てです。私...

海江田博士プロのコンテンツ