マイベストプロ鹿児島

[税務会計・財務]の専門家・プロ …3

鹿児島県の税務会計・財務の専門家・コンサルタント

鹿児島県に拠点を税務会計・財務に関する専門家、プロのプロフィール、実績、コラム、費用や口コミ、評判などから相談相手を探せます。税務会計ではできるだけ営業利益を少なく、財務会計では利害関係者い対して利益を多く見せる会計処理をとります。手元に資金を多く残すことは事業を継続していくためには重要です。しかし金融機関や取引関係との円滑な取引を視野に入れると適切な利益を計上している決算状態をつくることも重要になってきます。そのため企業は現在の状況から3年後、5年後などを見据えて適切な会計処理をしていくことが必要となります。税務的、財務的両面から適切な会計処理を行うためには業種特有の会計処理や損失処理などを組み合わせた処理などの知識を持ったバランス感覚が必要になります。社内だけで会計処理についての検討がなかなか難しいケースでは、会計士、税理士、経営コンサルタントなどからのアドバイスを活用することもひとつの選択肢となります。「法律と実態を把握し、顧客の立場に立って多くの事例を参照しながら、解決策を導きだすこと」が重要なポイントです。鹿児島県を拠点とする専門家・プロへお気軽に相談してみてください。課題解決へ向けてサポートしてくれます。

現在の検索条件

鹿児島県×税務会計・財務

フリーワードで絞込み

1~3人を表示 / 全3

久保武徳

このプロの一番の強み
依頼者が目指す経営ビジョンを整理し数値化することに強み

[鹿児島県/税務会計・財務]

なんでも相談される税理士をモットーに

 鹿児島市荒田で事務所を構える税理士の久保武徳さん。事務所の看板には大きく「なんでも相談される税理士になりたい」と書かれています。久保さんは税理士以外にも行政書士や宅建の資格も持ち、看板に書かれて...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士、 行政書士、 経営コンサルタント
専門分野
経営コンサルティング資金繰り節税対策相続税コンサルテイング
会社/店名
久保武徳税理士行政書士事務所
所在地
鹿児島県鹿児島市荒田1-42-2

海江田博士

このプロの一番の強み
税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

[鹿児島県/税務会計・財務]

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
税務会計を基本として徹底的な経営革新支援により経営発展を図る
会社/店名
海江田経営会計事務所 
所在地
鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2

柴田大輔

このプロの一番の強み
中小企業庁認定の高い専門性と経験で経営支援ができる強み

[鹿児島県/税務会計・財務]

中小企業の黒字経営転換に尽力する若き税理士

 柴田大輔さんが勤務する税理士柴田良孝事務所は、税理士2名スタッフ11名の大きな事務所です。スタッフのうち3名が税理士の卵として勉強中というこの事務所の若手税理士である柴田さんは現在税理士歴5年。お父様...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
● 経営相談● 黒字化支援● 節税対策● 相続
会社/店名
税理士柴田良孝事務所
所在地
鹿児島県鹿児島市宇宿3-41-24

この分野の専門家が書いたコラム

日本の企業文化の抱える課題はまだ多い!!―財界OBが語る新型コロナウイルス禍において気づかされたこと―Ⅳ

日本の企業文化の抱える課題はまだ多い!!―財界OBが語る新型コロナウイルス禍において気づかされたこと―Ⅳ

2020-10-23

[毎晩会食、土日はゴルフ] さて、経済同友会前代表幹事の小林喜光氏へのインタビューでは、然るべき地位まで登りつめられた私より少し上の世代の意見を聞くことができた。 ここで語られていたことで私が興味深かったのは、...

「接待能力の高さ」では世界に通用しない―財界OBが語る新型コロナウイルス禍において気づかされたこと―Ⅲ

「接待能力の高さ」では世界に通用しない―財界OBが語る新型コロナウイルス禍において気づかされたこと―Ⅲ

2020-10-19

[ゴルフのうまさなどは価値を失う?!?] 敗戦の時のようなどん底まで落ちるくらいのインパクトがないと、なかなか変化に対応しようとしない、というのが日本のビジネス文化の特徴です。 そういった状況に経済同友会前代...

「デジタルルネサンス」を起こす気概が必要―財界OBが語る新型コロナウイルス禍において気づかされたこと―Ⅱ

「デジタルルネサンス」を起こす気概が必要―財界OBが語る新型コロナウイルス禍において気づかされたこと―Ⅱ

2020-10-12

[日本は敗戦時のようにどん底まで落ちると強い復元力を発揮する] 日本企業に残る「判子文化」のような慣習に、強い警鐘を鳴らされていた経済同友会前代表幹事の小林喜光氏。 小林氏の抱かれている危惧に関しては、私...