マイベストプロ鹿児島
海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

コラム一覧:経営について考える

RSS

型にはまった会議の進め方を少しだけやめてみたら?―会議風景に見る新旧振興企業の相違点―Ⅳ(おしまい)

型にはまった会議の進め方を少しだけやめてみたら?―会議風景に見る新旧振興企業の相違点―Ⅳ(おしまい)

[斬新なアイディア、突拍子もない発想はでないのか・・]私が以前出席した、事前に進め方からその内容まですべておぜん立てのできていた会議。こんな会議を形式的に行なうのは、まったく無駄な話で意味がない...

一向に話が前に進んで行かないあきれた会議―会議風景に見る新旧振興企業の相違点―Ⅲ

一向に話が前に進んで行かないあきれた会議―会議風景に見る新旧振興企業の相違点―Ⅲ

[見事に無視された私の意見]さて、これまで述べてきましたような、大企業の重役会議という訳ではありませんが、私はかつて私の所属する業界の或る役職を引き受けて、ひと月おきくらいに東京で行なわれる役員会...

革新的な方向よりも無難な方へ決まりがちな日本の会議―会議風景に見る新旧振興企業の相違点―Ⅱ

革新的な方向よりも無難な方へ決まりがちな日本の会議―会議風景に見る新旧振興企業の相違点―Ⅱ

[異なるのは最終決定までのスピード感]日米の会議風景のあまりにも違うその姿・・・ここでふと思ったのは、この会議風景の違いがまさに日米の、というより旧産業と新興産業の違いを象徴的に表しているのでは...

映画やドラマを通じて見えてくる彼我の違い―会議風景に見る新旧振興企業の相違点――Ⅰ

映画やドラマを通じて見えてくる彼我の違い―会議風景に見る新旧振興企業の相違点――Ⅰ

[日米に見る会議風景の違い]テレビドラマや映画を見ていると企業の会議風景というのがよく登場します。特に、ビジネス上の様々な葛藤を描いたいわゆる「企業もの」においては、しばしばそのハイライトシーン...

違いは対外的であるかないか・・―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅷ(おしまい)

違いは対外的であるかないか・・―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅷ(おしまい)

[似たようなところと違うところ、いろいろあって面白い]先述しましたように、パラレルにいろんなことを同時にこなさなければならない家事が大変なことは間違いありません。なので、一つことに没頭することの...

入口まではいいけれど・・・―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅶ

入口まではいいけれど・・・―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅶ

[出口では手を抜かずしっかりと取り掛るべき]入口と出口があるのが家事の鉄則。洗い物をして食器をしまうところまでしなければ終わったとはいえません。で、仕事も家事もそうですが、入口のところは、どち...

ビジネスと家事には入口と出口がある―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅵ

ビジネスと家事には入口と出口がある―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅵ

[家事とビジネス、どっちもフィニッシュが大事]まだほんの少しかじっただけではありますが、家事をやりながら発見したのは、ビジネスにおおむね入口と出口があるように、家事にも入口と出口があるということで...

パラレル的に仕事を進める才能は女性の方が優れている―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅴ

パラレル的に仕事を進める才能は女性の方が優れている―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅴ

[仕事は直線的に縦に並べることができない]「経営」には商品戦略、販売戦略(営業戦略)の他にも、人事、労務、財務や新規事業といった管理業務を含めて、様々な課題が山積みです。つまり、家事と経営の共通...

企業経営もバランが必要―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅳ

企業経営もバランが必要―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅳ

[様々な課題が山積みなのが企業経営]主婦は家事を家族の分まで含めてこなすのですから、今の自分に人の分までできるかと問われれば「とても無理。」と答えるしかありません。さて、それではビジネスの方は...

同時にいろいろなことを考えるのが家事―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅲ

同時にいろいろなことを考えるのが家事―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅲ

[主婦は家事を家族の分まで含めてこなす]家事というのは同時にいろんなことを考えなければなりません。女性と男性では男性が得意とする、何か一つのことにに没頭する、というスタイルでは成り立たないのが家...

何といっても「段取り」が大事―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅱ

何といっても「段取り」が大事―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅱ

[事前の準備で仕事のやりやすさがまるで違ってくる]さて、カミさんの留守に際して、家事をやるようになった結果、一番の課題はやはり料理であることに気が付きました。人間は一応3食食べなければならないから...

家事をやらないと大変なことに・・・―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅰ

家事をやらないと大変なことに・・・―経営と家事の共通項と違いについて考える―Ⅰ

[久しぶりの一人暮らし]以前、家内が、娘(長女)が出産するので、しばらくその前後の世話をするということになり、2か月ほど家を留守にしたことがあります。昔、東京に住んでいた我が家では、長女と次女は家...

高度な付加価値について学習しチャレンジすべきとき―柔軟性への挑戦―Ⅳ(おしまい)

高度な付加価値について学習しチャレンジすべきとき―柔軟性への挑戦―Ⅳ(おしまい)

[基本技術は素晴らしい日本企業]三菱重工業は日本を代表する製造業の名門中の名門です。造船事業ばかりでなく、航空機、鉄道車両、発電プラント、ロケットなどあらゆる分野にその事業規模を広げています。...

自前主義の限界?―柔軟性への挑戦―Ⅲ

自前主義の限界?―柔軟性への挑戦―Ⅲ

[裏目に出た他人に聞くのを恥とする風土]三菱重工業、宮永俊一社長へのインタビューはさらに続きます。顧客主体(マーケットイン)に環境が変わってきたのに、なぜ有効な対策を取ることができなかったのか?...

示唆に富んだ社長の話―柔軟性への挑戦―Ⅱ

示唆に富んだ社長の話―柔軟性への挑戦―Ⅱ

蛇口からワインといった贅沢度の解釈で苦労した三菱重工業。塗装やタイルについてはさらに根本的な問題になります。ファッション感覚を欧米のレベルに合わせなければならない、というハードルを突き付けられた...

海江田博士プロのコンテンツ