まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

コラム

経営者にとっての決算書とは―コンサルティングをどう考えるか―

[経営者にとっての決算書の押さえどころ]


経営者の中には、決算書のような「結果」の数字にはあまり興味の持てないタイプの人もいる、と述べました。

それから、もう一つ言えることは、決算書はこれまで述べてきましたように、極めて定型的な様式に基づいているので、アドバイスの内容もマニュアル化し易い、ということです。
つまり「お勉強」をすればキャリアのない人でも一通りのことは言えるのです。

「お勉強」として決算書と向き合ったことのない経営者にとって、ここのところは、五藤氏の言われるようにややコンプレックスを感じるのかも知れません。

私は税理士という立場ではありますが、概ね五藤氏の意見に賛成です。
経営者が嫌でなければ、決算書について勉強していただくのは構わないのですが、
「それよりはほかのことに注力したいから、解説は専門家である先生に頼みます。」
と言われればこちらが喜んで説明しますし、それでいいと思っています。

その場合、私であれば簿記会計の詳しい解説などすっとばして、経営者にとって必要な個所だけ強調して伝えるようにするでしょう。
決算書は経営者にとって経営に必要なポイントだけきちんと押さえていればいい、と思っています。

この点を五藤氏は次のように述べておられます。

― どうぞ今日から決算書への、コンプレックスは捨ててください。
決算書は勉強するものでもなければ、完全に理解していなければ経営ができないわけでもありません。
強いて言えば、ポイントだけ抑えていれば十分です。―



この水のように決算書がクリアに見えればいいのですが・・・

この記事を書いたプロ

海江田博士

海江田博士(かいえだひろし)

海江田博士プロのその他のコンテンツ

Share

海江田博士プロのその他のコンテンツ