まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

介護の現場でパワーハラスメントを防止するには

ハラスメント、人権

2012年7月16日 / 2014年8月1日更新

介護の現場でも、パワーハラスメントの問題は起こります。

「パワーハラスメント」という言葉から、上司から部下へ言葉や態度によるいじめととらえがちですが、
上司から部下だけでなく、同僚同士や部下から上司に対して行うことも、
パワーハラスメントとされています。

特に、介護事業の職場では、年齢や経験が様々な職員が働いています。
いままでのキャリアも様々です。

このような環境では、年齢や経験・スキルに関係なく、
パワーハラスメントが起こる可能性があります。


例えば、

・年齢は下だけれど経験のある職員が、年齢の上の経験のない職員へのいじめ

・同じスキルをもっていても、性格がおとなしい職員へのいじめ

・スキルが劣っていても、自己主張の得意な職員から、不得意な職員へのいじめ

など、どんな状況でも起こりえます。


また、自分が被害を受けなくても、周りの職員で被害を受けているのに気づく場合もあります。



言葉使いや態度について、言い過ぎていないか、相手の人権を侵すようなことを言っていないか、
暴力や態度で威圧していないかを気をつけましょう。


職場の中では、パワーハラスメントは起こりえるものとしてとらえ、
職員一人ひとりの価値観や違いを認める、
お互いに理解し合うためにコミュニケーションを密に取るなど、
意識してパワーハラスメントの問題と向き合うことが、防止の一歩になります。


こちらの記事もご参考下さい。
「介護もパワハラ防止も人権を尊重する意味では同じです 」
http://mbp-kobe.com/yamasr/column/26852/




今日は、海の日ですね。



 ※メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝に発行しています。
  パソコンのメールアドレスで、登録をお願いします。
  https://www.directform.info/form/f.do?id=1834



 ☆福祉の職場の働く問題をサポートします☆☆

   ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
  http://www.yamasr.jp

 マイベストプロ神戸・福祉事業の労務アドバイスのプロ
  http://mbp-kobe.com/yamasr

 就業規則のことなら、「就業規則サポートオフィス」
  http://www.shyuugyou.com/


この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ