まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

山本勝之プロのコラム一覧:最新のお知らせ

介護離職とは、家族を介護している労働者が、家族の介護のために退職してしまうことです。介護職員であっても、統計では約3割弱の方が、介護離職している現状があるようです。そこで、施設や事業所としては、貴重な人材が家族を介護をしながら働き続けられるよう勤務時間を柔...

新年あけましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。昨年は、災害など、これまでに考えられなかったことが介護施設・事業所におこることがありました。また、社会福祉法人改革など変革を求められる年でもありました。さて、今年2017年は、...

思わぬと思っているのは、私だけかもしれません。入所がなかなか難しかった特別養護老人ホームは、介護度3以上の入所制限や、有料老人ホームなどの普及からいまや、入所者を探す施設も出てきていると聞きます。介護施設が足りないので、増やそうとしている国の施策もあるのですが、...

現在、配偶者控除の見直しが行われています。時期的に、この平成28年は影響がないと思われますが、来年以降、働き方を考えているパートヘルパーさんやパートの介護職員さんの話を聞くようになりました。どのような税制度になるかはわかりませんが、働き方が変わる職員さんが出てくる...

平成29年度から、総合事業が始まります。こちらは、要支援の方が、市独自のサービスである総合事業で介護サービスを受けることに変わります。国は、介護職員の不足と、介護を必要とする高齢者の増を考え、ホームヘルパーなどに、より専門性の高い介護業務が担うよう考えています。...

12月から、労働者が50名以上の施設・事業所において、ストレスチェックを行う制度が義務化されます。対象となる職員の範囲は、事業所での健康診断を受ける範囲と同じです。このストレスチェック制度は、1次予防に重点が置かれ、職員自身がストレスに気づき、早めにケアすることを...

介護施設・事業所に忘れた頃にやってくるのは、請求書や行政の監査ではありません。それは、今の時期であれば、ノロウイルスやインフルエンザなどの感染症です。一昨年などは、大変流行しましたので、本当に気を使って業務をされていたと思いますが、今はどうでしょうか?...

介護事業所・施設だけではなく、どの業種の事業所も同じですが、9月から厚生年金保険料が値上がりします。毎年9月分から厚生年金保険料が値上がりしますので、この時期は、気をつけておくとよいでしょう。職員さんにも、保険料の値上がりがあることをお知らせしておくと、トラ...

今年の4月に、介護保険法が改正され、介護事業者・施設にとって、収入が減る(報酬減)の状態になっています。今月8月からは、現役並みの収入がある方が、介護保険のサービスを利用した場合、1割から2割負担に変わっています。そのため、今まで受けていた介護サービスの利用を減...

公益財団法人 日本生産性本部が、平成27年度 新入社員「働くことの意識」調査結果を公表しました。新入社員の働き方への調査では、人並みで十分という結果が今年は目立ったそうです。一方で、デートの約束があった時は、残業とどちらを取るか?という問いでは、仕事を優先する...

4月に介護保険法の法改正があり、改正に伴う手続きが必要な場合があります。特に施設や事業所によっては、加算を受ける場合だけでなく、加算を受けない場合も手続きが求められる場合もあります。4月15日までの手続きのものもあれば、4月30日まで待ってもらえるものもあります。指定...

今年の4月から、介護保険法の改正により、介護職員を取り巻く環境について、新聞やテレビの報道がなされています。労働条件が厳しい中、介護報酬を下げる法律改正があり、介護職員には不安が広がっています。介護という社会保障をどう考えていくのか、政府だけではなく、国民一...

介護職員が年次有給休暇(年休)について、法律を改正し、介護職員が希望した時季に取らせるのではなく、施設や事業所側が、年休を取らせる時季を指定することが義務づけられるようになることが、検討されています。年休の取得日数の低迷が背景にあると思いますが、事業所側に義務づけ...

今月9月分から厚生年金保険料が値上がりします。平成24年9月分から、厚生年金保険の保険料率が0.354%引き上げられました。(10月末が保険料の納付期限分です)つまり、値上げということです。※平成24年9月からの厚生年金の保険料額表(日本年金機構)http://www.nenkin.go.jp/n/www/servic...

明日7月10日(火)に締め切りのものが3つあります。これらは、忘れないように取り組みたいものです。忘れていないかの確認をお願いします。1.労働保険料の年度更新申告昨年度(平成23年4月~平成24年3月)に支払われた給与をもとに、労働保険料(労災保険料・雇用保険料)を確定し、昨年...

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ