まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

山本勝之プロのコラム一覧:コミュニケーション

介護施設・事業所では、様々な課題があり、どれから手をつけたらよいのか、悩ましいところです。その解決策を一番知っているのは、現場の人間です。日頃の業務から、こう改善できれば…と思いながらも、なかなか取り組めない、歯がゆい思いをしていることもあります。いつまでも、...

介護施設・事業所で、意外とやっていないのが、介護職員の頑張りを認めることです。(自分にも相手にもです)介護職員さんには、まじめな方が多く、介護の仕事は出来て当たり前、という人が多いのでしょうか。どんな介護の仕事であれ、大変技術もいりますし、気持ちもいる仕事だ...

介護職員一人ひとりの得意分野を、職場の上司に当たる方はご存知でしょうか?野球の監督であれば、一人ひとりの得意分野を活かし、活躍のポジションを決めています。職場の上司は?そもそも、介護職員一人ひとりの得意分野は、何でしょうか?意外と分かっていることも、多...

先日、介護施設で研修をさせていただいた中で、「最近よかったことを思い出して、発表してみましょう」というお題でワークをやってみました。ワークを実際やってみて、驚いたことがありました。それは、お題の「最近良かったことを思い出せない・・・」という介護職員が何人もおら...

ヒヤリハットは、介護施設・事業所における重大な事故にならないまでも、ヒヤッとした経験を気づいたことです。こちらは、多くの事例が積み上げられていて、職場でも共有されていると思います。しかし、その真反対である、良いことの積み上げはいかがでしょうか?こちらは、案外...

介護職員がもっているものには、介護技術やコミュニケーション能力があると思います。さらに付け加えると、介護職員自身がもっている個人的な個性や考え方も、介護職員がもっているものとして言えると思います。個性や考え方は、介護には必要ないと言われる方もおられますが、本...

相手の話を聞くのは、介護職員にとって大事なスキルです。しかし、仕事が慣れてくると、人の話を聞くのも、聞いているようで聞いていないこともあるのではないでしょうか。先日、「聞く」ことについて、こんなことを教えていただきました。人に話を聞くときには、「聞く」ので...

新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。さて、介護施設・事業所で取り組んでいただきたいことの一つに他者を尊重することです。「他者を尊重すること」、これは日頃から介護職員が利用者さんへされていることです。利用者を尊重することは...

介護施設・事業所では、職場に魅力をどうしたら出せるか?と考える経営者や管理者は多いと思います。高齢者の生活の場であるので、毎日同じことを行っている・・・このことが実は大切で大変なのですが、魅力が乏しい・・・と感じているようです。しかし、 ・どうしたら今日...

優れた行いを行った場合、褒めることを行います。「褒める」は、辞書には、行いを評価してたたえるなどが意味として出ています。褒めると、評価が入りますので、主観的に、「すごい」や「よくやったね」という言葉が多いと思いますが、人間関係ができていないと、嫌味に聞こえ...

職員への指導方法は、悩ましいと感じる人が多いと思いますが、昔から、いつの時代も同じ悩みがあるようです。出来ていないことを指導するのは、当たり前だと思います。しかし、出来ていないことばかりを指導していると・・・・指導を受けた人が上司になり、部下へ指導する際には...

介護施設・事業所での職場環境において、働きやすさ(雇用条件)、仕事内容、人間関係が重要な要素です。その中でも一番大切なのは、人間関係と言われています。職場の上司をとってみても、やる気にさせる上司とやる気にならない上司がいます。やる気にさせるかどうかは、人間関...

職員が多く働く施設・事業所では、新しいことを始めようとすると、段取りを考えるだけで大変なことになり、なかなか前に進みません。そこで、考えたことを形にしたからするのではなく、少しづつやってみることは、いかがでしょうか。少しづつ試行錯誤を重ねていくと、修正も行い...

介護施設・事業所では、人材不足や日々の業務に追われ、バタバタされている所もあります。このようなバタバタしている、忙しい時こそ必要なことがあるのです。忙しい・・・字のとおり、心をなくしている状態になりますので、どうしても、周りとのコミュニケーションが不足がちにな...

賞与(ボーナス)の時期が近づくと、介護施設や事業所では、介護職員との面談をされるところも多いと思います。それは賞与が、日頃の介護職員の頑張りを反映するものとして、経営者が考えているからです。たとえ、金額や支給の率(給与の何か月分)というのであっても、日頃の頑張...

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ