まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

山本勝之プロのコラム一覧:面談、人材育成・マナー

面談では、聞きづらいことも多くあります。ストレートに聞くと、配慮が足りない人だと思われてしまいます。また、人間関係が悪くなるかも。そこで、面談で聞きにくいことは、「クッション言葉」を使います。クッション言葉とは、聞きにくい言葉を和らげるクッションの役割をする...

前回は、介護職員の得意分野を活かすことをお伝えしましたが、経験もケアに活かすことも行ってみましょう。私のお客さんの介護施設には、美容室で働いていた方がおられます。あるとき、パンフレットを作られたのを見たのですが、さすが美容室で働いていただけあって、センスがき...

介護施設・事業所では、高齢者の日々の生活を支えていますので、様々なことが起こります。時には、利用者さんの考えがうまく理解できなくて、利用者さんから叱られることも・・・叱られたら分かりやすいのですが、介護職員を叱ることをされない利用者さんもおられます。この...

介護施設・事業所、そこで働く介護職員も気をつけておくことがあります。それは、地域にある、地域で働いているということです。介護施設・事業所は、地域で愛される、親しまれやすいように信頼されるよう日々業務やサービスを行う必要があります。ちょっとしたことで、信頼され...

意識を変えるのは、カンタンではありません。どうしたらよいのでしょうか?例えば、「赤色の服」というのを意識すると、街で歩いている赤色の服を着ている人が目がつきやすくなります。このように、何かテーマを見つけて、このテーマに対してどれぐらい気がつくのかを意...

介護施設・事業所では、ヒヤリハットを活かした業務の見直し、リスクマネジメントを行っていると思います。しかし、やってはいけない、失敗を防ぐなどの観点だけに取り組んでいると現場では委縮したり、失敗を隠そうとする動きが出る場合があります。これは、介護の現場で決められて...

介護職員との面接で、聞いておきたいのは、今後の目標と、目標を達成するための次の行動です。目標は、必ずと言っていいほど、みなさんふれていると思いますが、では、その次の行動までは聞いていないと思います。聞いていても、目標を達成する際の行動、もっと大きな行動だと思いま...

介護施設・事業所では、介護職員と定期的な面談をされているところが多いです。面談では何を聞くのか・・・この内容は悩ましいものですが、面接としては次の面接までの具体的な行動を示したり、引き出すことが多いと思います。介護職員の具体的な行動を、面接する側からリクエ...

介護職員との面談では、介護職員自身が自己評価をして、その評価の根拠を話をする場合があります。この場合、なぜその評価なのかを聞くだけでなく、未来に向けた質問を、さらに聞いてみましょう。例えば、「今の評価を上げるには、何があったらできそうですか?」「次回の評...

働き方改革という言葉が日常的に使われ、介護職員の中にも、関心が大きいと思います。働き方改革では、一人ひとりの生産性を高めることを言われていますが、一人ひとりの価値を大切にする方が、好ましいと思います。介護施設・事業所で生産性を高めた場合、確かに効率は良くなり...

介護職員との面談では、できていないことに焦点をあてがちです。このできていないこと、つまり問題に焦点をあててしまうと、力が入った伝え方で問題を伝えると、パワーハラスメントになるかもしれません。なぜ、こんなことができないのか?こんなことが判らないのか?このよう...

賞与は、これまでの仕事に対する貢献、感謝の意味で支給をする施設・事業所が多いです。そして、賞与を支給される際に、職員へ面接をするところも多いようです。この面接、どのような話をするのでしょうか?経営者や上司からすると、賞与はもらってうれしいものなので、これ...

~やってはいけませんという注意や、~はやったの?という指示的な関わりで介護職員を育てると、どうなるでしょうか?まず、指示がないと動けない、指示待ちの介護職員が育ちます。~してはいけない、~やったの?という言葉使いが悪いのではなく、そのようなことばを使っても、介...

介護職員を指導する際、できてないことや改善して欲しいことを指摘します。このこと自体は、大変有意義なことですし、教育する上では必要なことです。しかし、できないことや改善して欲しいことを言われてもできないことがあります。そのことは、介護職員自身も気がついていて、...

介護職員と面談をするとき、つい上司が行いがちなのは、できていないことを指摘し、できるようにするにはどうすればよいのか? という面談です。確かに、課題点を見つけて克服する行動を促すには、面談がよいのかもしれません。しかし課題点は、介護職員自身も理解していてもど...

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ