まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

山本勝之プロのコラム一覧:ハラスメント、人権

介護職員のストレスは、利用者への虐待につながる恐れがあります。先日の報道では、職員のストレスが、高齢者虐待を生む原因として報道がありました。平成30年4月から、介護施設等の施設長研修に介護職員のストレス対策を行うことが明記されました。前述の報道では、認知症への...

パワーハラスメントは、当事者間の人間関係が悪くなるだけでなく、周りの職員自身にも、悪い影響を及ぼします。そのため、パワーハラスメントが起こらないよう職員への周知・啓発を行うことを欠かしてはいけません。例えば、職場で部下を指導するとき、大声を上げて、威圧的に指導...

職場におけるハラスメント、つまり、嫌がらせやいじめの問題は、放置していてはいけません。放置していると、エスカレートをする一方で、ハラスメントを受けている側も、見たり聞いたりする周囲も嫌な気持ちになったり、働き甲斐がなくなります。このようなハラスメントは、まず小...

パワーハラスメントは、職場で油断をしていると生じてしまうことがあります。些細な言葉だけでなく、無視するなど態度などでもパワーハラスメントが大きくなることがあります。では、どうすれば、パワーハラスメントはなくなるのでしょうか?・経験が浅い、技術が劣っていて...

パワーハラスメントは、職場の中の力関係により、相手への心ない言動や暴力により、心身を傷つけたり、職場での立場を不安にさせてしまう行為です。職場の力関係といっても、上司から部下だけでなく、部下から上司、同僚間でも起こりえます。また、怒鳴ったり、威嚇したり、大勢の前で叱責...

介護の現場においても、他の産業の職場と同様に、パワーハラスメントが起こりやすいです。特に、モノを作ったりするのではない介護の現場では、介護の方法や利用者との接し方が、介護職員によってまちまちなことがあります。そのため、つい他の職員に対して、言い過ぎた言葉を使ったり、行き...

平成24年10月1日から、障害者虐待防止法が施行されます。児童虐待や高齢者虐待の防止とともに、障害者虐待の防止も図られることになります。(やっと、と言うべきでしょうか・・・)さて、この障害者虐待防止法は、介護施設でも対応が必要なのは、ご存知ですか?この法律にある障害者虐待は、...

介護の現場でも、パワーハラスメントの問題は起こります。「パワーハラスメント」という言葉から、上司から部下へ言葉や態度によるいじめととらえがちですが、上司から部下だけでなく、同僚同士や部下から上司に対して行うことも、パワーハラスメントとされています。特に、介護事業の職場で...

先日、介護関係の方へ研修の講師としてお話をしましたが、 介護で高齢者に関わることも、 職場の職員に対してパワーハラスメントを行わないことも 相手の人権を尊重するという意味では、同じことです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~介護で高齢者に関わっている場合...

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ