まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

山本勝之プロのコラム一覧:働く上でのルール、就業規則

試用期間とは、本採用までの期間ですが、本採用の期間と同じく、最初から雇用保険や健康保険など加入の対象であれば、加入が必要です。試用期間中に、本採用ができない・・・というような判断を事業所が行った場合であっても、なぜ本採用できないのかを示す必要がありますし、試...

 36協定(さぶろく協定)とは 36協定とは、「時間外・休日労働に関する協定」のことです。労働基準法を超えて時間外や休日に働かせると、労働基準法違反になります。ただし、労働者と事業所間でこの労使協定を結び、労働基準監督署へ届け出れば、時間外・休日労働が可能になり...

介護施設・事業所では、24時間365日、介護サービスを提供している場合は、年末年始の休みがありません。年末年始の休みがないと、ちょっと働きづらい・・・こんな風に考える職員がおられても、その職員さんなりの事情があるかもしれません。年末年始は、単身赴任中や下...

介護職員の一人ひとりは、もっている技術が違います。違いを考慮して、役割分担を行うことが必要です。例えば、介護記録を書くのが速い職員もいれば、遅い職員もいます。よく耳にするのが、介護記録を書くのがあまりにも遅いので、通常の勤務が終わった後、個別に残って記録を書い...

介護職員を試用期間で退職させてしまうことは、並大抵ではありません。試用期間を設けることは、施設・事業所の就業規則などで定めることはできます。試用期間中は、これから働き続けることができるか、施設・事業所と労働者が双方で考える期間です。施設・事業所にとっては、...

年次有給休暇(年休)の取得は、人員がぎりぎりの場合、取得させることはできない・・・とおっしゃる経営者も多いです。人員がぎりぎり、なかなか職員が採用できないので などなど職場における人員の悩みは、尽きません。しかし、今働いている介護職員も、病気や私用で休むこと...

介護施設・事業所でも、時間外勤務が多くなっているところも時々聞こえてきます。働き方改革が、ニュースに上がらない日がないほど社会にありふれた話題なのですが、なかなか時間外勤務の時間が少なくなりません。人員が不足しているので、残って残業しているなど様々な職場の事...

介護職員を採用した後の、試用期間での注意点です。まず、試用期間を設けてあることを、採用した職員へ伝える必要があります。労働条件通知書や雇用契約書にしっかり記載しておき本人も分かるようにしておくことが求められます。もちろん、就業規則に試用期間の定めをしておくこ...

今年の秋口から、勤務時間をめぐる報道が多かったように思います。連日のニュースでは、長時間労働や残業代の未払いなどの問題が取り上げられていました。これらの問題は、今に始まったことではありません。平成13年4月に、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき...

スマホが普及し、アプリ(ソフト)のLINEが流行しています。LINEなどのサービスがないのは、もはや考えにくい・・・方もおられるのではないでしょうか?その位便利だということです。さて、介護施設・事業所でもLINEが活用されてます。勤務の変更や行事など業務連絡に活用さ...

郵便局へ行くと、年賀状の売り出しがあり、年末が近づいて来たなあ・・・と感じます。介護施設・事業所では利用者さんが、施設におられる、在宅で過ごされていて、年末年始も支援が必要な場合があります。そのため、年末年始にも業務があるところが多いです。年末年始であると、...

介護職員にとっての試用期間は、不安がいっぱいです。この職場で務まるのか、自分のスキルは、正式に採用されるのか・・・などなど不安は尽きません。一方、事業所・施設は、どう考えているのでしょうか?やはり介護職員と同じように、仕事ができるのか、他の職員と上手くやって...

介護職員の身だしなみ??マークをつけましたが、実は悩ましい問題なのです。介護職員は、利用者さんと身近に接することが多いですので、身だしなみには、気をつけてもらいたいところなのですが・・・そもそも、身だしなみに気をつけるとは、どういうことでしょうか?ご自身...

今週から、ゴールデンウィークが始まります。介護施設では、24時間365日、利用者さんがおられますので、ゴールデンウィークも休みがありません。さて祝日は、休ませなくてはいけないのと違うのか?介護職員から尋ねられることもあるかとは思います。労働基準法では、...

介護施設・事業所の残業時間の上限は、時間外・休日労働に関する協定書により、施設・事業所により異なります。労働基準法第36条に関することから、「サブロクきょうてい」とも言われます。この協定書には、法定の労働時間を超える労働をする場合、法定の休日の労働する場合の上...

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ