まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

つながる踵、つながらない踵

ボディコントロール

2018年3月11日 / 2018年9月22日更新

つながる踵、つながらない踵

痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ
のように土踏まずが長く使えるようになって
指への流れが出来、脛骨直下をおすことができるようになっても
ルルベ(爪立ち)になると、つながりが薄れてしまう人もある。
写真2枚を比べてみよう。

平らに押した足裏
土踏まずを長く伸ばし、踵をくるむ
2枚を比べてみると、どう見えるか?

画像では見えにくいかも知れないが
上の画像は足裏がペッタリと見える。
踵は押しているが、
土踏まずは長く使えておらず
板っぽい感じになっている。
外側に傾き
脛骨直下を通せない踏み方。

下の画像。
足裏に、カーブが見えるのは
土踏まずを長く伸ばし、踵をくるむように引き下ろしているから。
まだまっすぐには踏めていないが
踵の位置が上の画像とは異なり
かなり改善している。

同じルルベでも、少しのことで脚そのものが変化し
体幹の状態も変わってくる。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ