マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

うまさきせつこプロのご紹介

「うまさきせつこのボディコントール」では無理なく使える体づくりをレクチャー(1/3)

「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

自分の体の現状を知り、骨の位置感覚を身に付けることが大切

 仕事や家事、育児などで毎日がフル稼働。休みなく働いている自分の体に、目を向けていますか? 忙しいからと見過ごされ「肩こりがひどい」「腰・膝に痛みがある」「おなかやおしり、背中のお肉もたるんでしまりがない」という人は多いのではないでしょうか。またダンサーやアスリートでも、思うようにいかないことを、脚が開かない、O脚、背骨が固いなど、条件の良くない体だからと諦めている人もあるのではないでしょうか。

 「体は、みなさんのありのままの姿を映し出しています。つい足を組んでしまう、いつも背中を丸めてデスクワークをしている、片方の足に体重を乗せて立っているなど、無意識に行っていることが体に負担をかけ、ゆがみや痛みなどを引き起こします。
これらトラブルの改善を目指すためには、意識を変えることが大切です。まずは、自分自身の体を知ることから始めましょう」

 そう話すのは、「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん。神戸や大阪の教室での定期レッスン、神戸を中心に東京でも「うまさきせつこのボディコントロール」のワークショップを開催しています。
うまさきさんのボディコントロールでは、体を支える骨の本来あるべき位置を確認し、頭や首、手足をつなぐ体の軸、つまり体幹を整えることで「無理なく使える体づくり」を教えてくれます。

 「例えばイスに座ってパソコンを見ているとき。猫背になるのは、首が前に落ち肩甲骨が上がり、おなかも縮んでしまうから。ハッと気づいて体を起こしても、骨盤が前や後ろにずれてきつい状態では、すぐに疲れてしまいます。背筋を伸ばすにもほとんどの方が、無理なく背骨が伸びる使い方を知りません。骨の位置感覚を身に付けて、自然に姿勢を保てるようにしましょう」とうまさきさん。体の位置、使い方がわかれば、「ボディラインもすっきりし、中には体重が8キロも落ちた人もいます」と話します。

Share

うまさきせつこプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ

うまさきせつこモダンバレエ研究所

担当うまさきせつこ(うまさきせつこ)

地図・アクセス

うまさきせつこのソーシャルメディア

youtube
YouTube
2019-12-01
rss
ブログ
2019-12-08
instagram
Instagram

うまさきせつこプロのコンテンツ