まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

股関節の余分な力を抜いて負担の少ない長い脚に

ボディコントロール

2013年3月17日 / 2017年5月18日更新

股関節の余分な力を抜いて負担の少ない長い脚に  うまさきせつ

股関節が詰まっていると脚が重くなります。
脚の付け根が固まっていると、腿の前に力が入って自由に動くのを
邪魔してしまいます。
骨盤を前に突き出して立っていると、背中が落ちて首がすぼまって
膝は曲がり・・と、あまり恰好がいいとは言えません。
まっすぐ立ち、楽に座り、颯爽と歩きたいですよね。

動画では意識して股関節の力を抜き、脚を長く伸ばすことにトライしてもらっています。




ダンサーも股関節が詰まっていると、自由な動きがうまくいかず
無理やり動かそうとして痛めてしまうことがあります。
常に力を抜くイメージを持ち、体にエネルギーが自在に通る体をゲットしておきたいですね。

関連記事:
股関節から足指までねじれのない脚の意識付け
股関節と背骨の動きを連動させて開脚前屈
股関節を入れ込み、骨盤の幅の中から脚を出すために
↓このコラムから
骨盤の前傾、後傾の間の感覚をみつける
を見るとわかりやすいです。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ