まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

うまさきせつこプロのコラム一覧:ボディコントロール

 「反る」「しなる」の違いを知って長座につなげる 脇を引き込み肩甲骨からの流れを長座につなげる2で更に背骨のしなりを使って当座につなげることをしているが背骨が「反る」と「しなる」は似ているようで違う。「反る」では流れがつながらない。2つの画像は「背骨が反る」状態。後ろ...

 肩甲骨をコントロールー脇の引き込み 脇の引き込みがどうしたらいいのかわからない人。肩甲骨が確実に使えるために脇の引き込みがあるのです。上の画像。肘が伸びづらい。背中が反っている。下の画像。脇の下、脇側面を背中方向に向けている。肩甲骨がとどめられて背中はぴったり...

 肩甲骨から促す流れを立位体前屈につなげるー気を付けるポイント 昨日も書いている肩甲骨から促す流れを立位体前屈につなげるで、気を付けること。もう一度おさらいの意味で書いておこうと思う。見比べてください。上の画像では「座る」ことに意識が行き背骨の伸びがつながらず、推進...

 脇を引き込み肩甲骨からの流れを長座につなげる2 先日のコラム&動画脇を引き込み肩甲骨からの流れを長座につなげるに引き続いてできることを動画にしてみました。肩甲骨の位置感覚を取得できると背骨につながり体幹の底もしっかり感じることができますが股の底を直接押しているわけで...

 日常生活から体の裏側を使う意識を 何らかのパフォーマンスを高めたい人も体に不具合を感じている人も練習やリハビリに費やす時間よりも当然、毎日のごく当たり前の生活の時間が一番長い。このコラムでは何度も書いているが毎日の生活の中で自覚できなければ、自分がやりたいことには活...

 自然の中に体のヒントはたくさんある(コウモリダコ) 種類は違ってもつくりは違っても花のつぼみは中心からほころぶ。魚も背骨から動く。鳥だって羽の先から動いてなんかいない。その使い方を生まれた時から知っている。人は2足であるゆえに足で歩けてしまう。手でものも持てる。赤...

 足裏から股関節に還す流れ 昨日のコラム中心に向かう力を毎回意識するを感じて、背骨をしっかり伸ばせる状態になるにも足裏が床について、そこから力をもらうことがいる。股関節の痛みを訴える人、使いにくい、うまくできないという人を見ると中心に向かう力を感じられない人が殆ど。外に...

先日の動画&コラム脇を引き込み肩甲骨からの流れを長座につなげるでは股関節や脇を引き込む度、体の外側に出す力が1人歩きしてしまわないように体幹の底から、体の中心に向かう力を細かく何度も意識しなおしている。自分で操作ができる中心のコントロールタワーに還すと最初に出力した力の...

 ボディコントロールで踊る 今、作品を作っている。1月27日㈰にサンケイホールで行われる舞台に出演させていただくが私だけでなく、生徒さん数人も出る。自分の中にあるやってみたいことがあってずっと踊っている人だけでなく踊りは最近始めたところで、舞台に出たことのない人にも挑戦...

 脇を引き込み肩甲骨からの流れを長座につなげる 先日のコラム痛いのを我慢するのではなく、痛くないやり方を考える2脇の引き込みの感覚を覚えて流れを作る股関節の中の繊細な動きそして昨日の立位体前屈、背骨が伸びる重心位置と、どれも関連しているのだが肩甲骨の位置感覚とそこから...

 立位体前屈、背骨が伸びる重心位置 立位体前屈がうまくできない人は「背中が固い」とか「ハムストリングスが固い」とか部分的な固さをできない理由にすることが多いがその部分が固くなるのも固くならざるを得ない状態で挑んでいることが殆どであるように私には思える。この方は一応立位...

 股関節の中の繊細な動き 痛いのを我慢するのではなく、痛くないやり方を考える2脇の引き込みの感覚を覚えて流れを作るをやってみた後、皆さんの背骨を通る流れから股関節の繊細な動きが見えてきた。このような動きは最初の感覚としては、写真で書ける矢印のように太い棒のような流れに...

 脇の引き込みの感覚を覚えて流れを作る 昨日のコラム痛いのを我慢するのではなく、痛くないやり方を考える2でやっていたことを違うクラスでやってもらった時にちょっと思いついて、脇の引き込みにも応用してみた。肩甲骨の下あたり、背骨を挟んで左右にボールを置いた。背骨は反っている...

 痛いのを我慢するのではなく、痛くないやり方を考える2 体の不調は、いきなり理由もなく来るのではなく自分でも気づかないうちに不具合に至る準備が少しずつされている。不自然な姿勢のまま過ごしたり普段の生活にない慣れない動作を長時間続けたり考えてみれば・・という事情が後で思い...

 正座がうまくできない人に 「正座ができない」「できるけれどとてもつらい」という人は私が思っていたより、うんとたくさんおられる。「正座が生まれてこの方、一度もできたことがない」という人もいらっしゃるのを聞くとなんとか楽になってもらいたいと思っている。正座も開脚も前後開...

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ