まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

つながる踵、つながらない踵2

ボディコントロール

2018年3月12日 / 2018年9月22日更新

つながる踵、つながらない踵2

昨日のコラムつながる踵、つながらない踵
に引き続いて、もう一例。

前後に脚を開いた時
均等に足裏が踏めているかいないかで
体幹からの流れは変わってくる。

つながる踵
つながらない踵
上の写真は、小指からかかとにかけて
しっかり踏むことが出来て
もちろん拇趾、小趾も踏めて
土踏まずも引きあがり
坐骨から脛骨直下につながるラインができている。
これは肩甲骨、背骨からもつながりがある。

しかし、下の写真では
見た目にも足裏の状態が上の写真とは違うことがわかる。
小指からかかとのラインは浮いて
土踏まずは縮んで、つぶれている。
こうした場合には、膝の内側、腿の外側が固くなる。
もちろん、体幹からは繋がりがなく
ところどころ、部分的に力の感覚があるので
出来た気になる。

反対側の脚は映っていないが
体幹の中心から分けられた脚は
体幹の力を床に送って
更に床の力をもらって
強い力を生み出している。

新たな動画が間に合わなかったが
これは坐骨歩きで覚えられる。
坐骨歩きからつかむこと
だけでも、ヒントになると思うので
自分なりの試行錯誤をしてみよう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ