マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム一覧

RSS

負荷をかけずに正座の練習

負荷をかけずに正座の練習

2020-02-25

 負荷をかけずに正座の練習 正座がうまくできない人は・膝が曲げられない・足首が伸びないということを言われる人が殆ど。これは・足裏がしっかり踏めていない・体幹の位置感覚がつかめていない・部分...

膝裏ぽっこりにならないインナー感覚を覚えるストレッチ

膝裏ぽっこりにならないインナー感覚を覚えるストレッチ

2020-02-24

 膝裏ぽっこりにならないインナー感覚を覚えるストレッチ ぼっこり、ぽっこり、どう表現すればいいかわかりませんが膝裏にお肉が集まる状態は、力の流れが遮られてシンプルなつながりでなく、いらない力を使...

肩甲骨、使い方でこれだけ体は変わります

肩甲骨、使い方でこれだけ体は変わります

2020-02-23

 肩甲骨、使い方でこれだけ体は変わります 体幹のつながりで、背骨がしっかり伸びる状態、位置感覚、繊細なインナー感覚を覚えていただくためクラスレッスンでやっていただきました。(繋がらない肩甲骨)...

なぜ猿手になるか

なぜ猿手になるか

2020-02-22

 なぜ猿手になるか 猿手の人は普段はそう見えなくても腕を伸ばすときにわかる。私は、膝を伸ばそうとして膝を後ろに押してしまう反張膝の状態と同じと考えている。これはずっとこの状態で肘を押し込んで...

向き合って初めて伝わる言葉

2020-02-21

 向き合って初めて伝わる言葉 言葉は難しい。メールやLINEは、迅速に用件を伝えるのに便利なツールだけれど文字になると、そこに込められた想いやニュアンスはそぎ落とされて伝わってしまう面もある。実...

肩甲骨の感覚を明確にする展開

肩甲骨の感覚を明確にする展開

2020-02-20

 肩甲骨の感覚を明確にする展開 昨日のコラム体育座りを楽にしたい2(2020年2月19日)では、バーにぶら下がる時に腕や肩に力が入ってしまう人に一昨日のコラム体育座りを楽にしたい(2020年2月18日)肩甲骨...

体育座りを楽にしたい2

体育座りを楽にしたい2

2020-02-19

 体育座りを楽にしたい2 昨日のコラム体育座りを楽にしたい(2020年2月18日)で、ぶらさがる腕に力が入ってしまう人はどうするか?一緒にいれば、腕に力が入る状態を誘導できますが目の前にいない人にはし...

体育座りを楽にしたい

体育座りを楽にしたい

2020-02-18

 体育座りを楽にしたい 昨日のコラムなぜ体育座りがきつくてできないか(2020年2月17日)でお約束のストレッチをひとつ。普段の生活でも、パフォーマンスでも無理のない動きができる人は、正座や体育座り...

なぜ体育座りがきつくてできないか

なぜ体育座りがきつくてできないか

2020-02-17

 なぜ体育座りがきつくてできないか 無理なくきれいに背骨が伸びた体育座り。「体育座りがきつくてできない」という人にお聞きすると・後ろに倒れてしまう・脚が痛い・お腹が邪魔・お尻が痛い・踵が...

不具合や痛みのない体へのコントロールー体幹の位置感覚、力の流れの方向

不具合や痛みのない体へのコントロールー体幹の位置感覚、力の流れの方向

2020-02-16

 不具合や痛みのない体へのコントロールー体幹の位置感覚、力の流れの方向 昨日の神戸WS。体の意識を続けていくと体の感覚はどんどん繊細になっていくがちょっとした位置感覚や流れの方向で、思惑とは違...

辛い朝の起き抜け!楽に起き上がるために

2020-02-15

 辛い朝の起き抜け!楽に起き上がるために パーソナルレッスンで、来られる度よくなっていかれる方ですが朝起きて、しばらくすれば楽に動けるのに起き抜けだけはとても辛い!と言われます。前回、楽な...

体幹からの流れで5番ポジションもきれいに

体幹からの流れで5番ポジションもきれいに

2020-02-14

 体幹からの流れで5番ポジションもきれいに バーレッスンや動きの際に・バレエの5番ポジションが入らない。・ズルズルと足がずれてしまう。・内転筋の感覚がない。・脚がねじれている。・腿やふくらはぎ...

恐怖心あっても、膝の曲げ伸ばしが進みました

恐怖心あっても、膝の曲げ伸ばしが進みました

2020-02-13

 恐怖心あっても、膝の曲げ伸ばしが進みました 先日、膝の曲げ伸ばし時の強い痛みの軽減(2020年2月10日)で、膝曲げ伸ばし時の強い痛みがあった人ですが先日のレッスン後の経過はよく、ちょっと方向が違う...

肩甲骨の内側のインナーマッスルの痛み

肩甲骨の内側のインナーマッスルの痛み

2020-02-12

 肩甲骨の内側のインナーマッスルの痛み 「肩甲骨の内側の手では触れられないインナーの部分がずっと痛いんです」ちょっと疼くというので見せてもらった。(前から見た肩の状態)前肩になって、肩が上が...

バランスがいい体ー反対側も同時に使っていますか?

バランスがいい体ー反対側も同時に使っていますか?

2020-02-11

 バランスがいい体ー反対側も同時に使っていますか? 右手を使う時、使っていないように見えても、同時に左手も使う。左右対称でなくていいが、一番体の深いところでは左右とも同じように、同時に使って初め...

この専門家が書いたJIJICO記事

肩甲骨はがしはなぜダイエットにつながるのか?

肩甲骨はがしはなぜダイエットにつながるのか?

肩甲骨はがしで痩せると話題になっています。しかし、肩甲骨はがしが直接ダイエットにつながるのではなく、背骨が動き、体幹が整い、それに伴い代謝も良くなるなどの結果として締まった美しい体が得られるのです。

うまさきせつこプロのコンテンツ