まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

文書で示してくれないと、わかりませんよ

働く上でのルール、就業規則

2011年8月22日 / 2017年5月11日更新



職場での働き方は、できる限り文書で示すほうが、わかりやすいです。

この文書は、職場では就業規則であることが多いです。


例えば、

 ・出勤した場合は、タイムカードで出勤時間を記録する

 ・個人情報は、社外に漏らさないように、適切に管理する

 ・上司に対して、報告・連絡・相談を適時行う  などです。


一見、当たり前のように思えるこれらの働き方も、

人によって当たり前の基準が違います。


手の上げ下ろしのような、職場での全ての働き方を書いて示すことはできませんが、

ある程度具体的に、どのような働き方(行動)をすべきかを書いておくことが重要です。


社員が10人未満の職場では、就業規則を作っていない職場もありますが、

これだけは守って欲しい内容を、文書に示しておくとよいです。



どのように定めたらよいのかは、今週木曜日にセミナーを行いますので、

関心のある方は、ぜひご参加下さいませ。


※セミナーのごあんないは、こちら↓
(お申し込みは、終了しました)


~最新のセミナーのお知らせは、こちらに掲載します~
(セミナー・イベントのページ)
http://mbp-kobe.com/yamasr/seminar/


※この記事は、2017年5月11日に内容を一部修正しました。

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ