まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
山本勝之

介護事業に効果的な労務アドバイスを送るプロ

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

コラム

高齢者デイサービスで、職員からの年休の要望が多く、勤務シフトが組めなかったという管理者の悩み

働く上でのルール、就業規則

2011年11月28日 / 2017年5月29日更新




先週、仕事で但馬地方の北部に行ってきました。


少し時間がありましたので、海を見に行ったのですが、
写真のとおり、波が荒々しく、冬の海のように感じられました。

街の海産物屋さんには、カニがたくさん並べられ、
温泉とともに、街がこれから賑わうのが、感じられました。



「年次有給休暇(年休)の要望が多く、職員のシフトが組めなかった・・・」

先日、講師を務めました研修で、高齢者のデイサービスの管理者の方から、こんな声がありました。


年休は、職員(労働者)の権利であり、本来事業所が、年休を取ることを拒めません。


では、どうしたらよいでしょうか?



職員は、当然の権利だから、年休を希望するのは当たり前という考え方は、間違いではありませんが、

職員が権利を主張するあまり、デイサービスでのその日の職員が不足して、

デイサービスへ通ってくる高齢者に事故が起こっては、誰のための施設かわかりません。



また、デイサービスへ利用者が来るからこそ、職員の給与が支払われ、年休も取ることができます。



そこで、管理者や経営者は、デイサービスの経営状況や、目指すべき方向性や理念を丁寧に

職員に説明する必要があります。



お互いがしっかり分かり合えないと、権利を主張し合うばかりで、平行線のままです。

ここは、デイサービスの管理者が、丁寧に職員への説明や理解に務めることが、役割として求められます。



また、一人ひとりのデイサービスの職員が、ここのデイサービスを担っているという

役割が感じられないと、権利だけを主張したり、仕事が表面的なものになります。



管理者の方の関わり方が悪いわけではありませんが、もう少し踏み込んで、

職員との関係が必要だと思います。。



~こちらの記事も、続けてご参考ください~
・介護施設・事業所での祝日の扱いは?
・介護施設・事業所での時間管理



~介護・福祉の職場をサポートしています~
メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝にお届けしています。
別の内容をお届けしていますので、登録をいただき、こちらもご参考ください。
https://www.directform.info/form/f.do?id=1834


※この記事は、2017年5月29日に内容を一部修正しました

この記事を書いたプロ

山本勝之

山本勝之(やまもとかつゆき)

山本勝之プロのその他のコンテンツ

Share

山本勝之プロのその他のコンテンツ