まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

体幹の底から引き合うアンディオールの感覚

ボディコントロール

2018年7月8日 / 2018年9月21日更新

体幹の底から引き合うアンディオールの感覚



体幹の底から引きこんで開脚
で書いていることができるために
体幹の底はどう使っているか動画にして見た。
関連コラム:痛くない開脚前屈のためにー体幹の底まで通す

「アンディオール」は、脚を外旋する(外に回す)状態のことを言うが
脚自体を外に回そうとすると
骨盤と脚がひとかたまりになってしまったり
部分的な力で固くなったり、ねじれてしまったりする。
体幹からスムーズにつながる流れにならない。
外側の目に見える力だけでは楽にできない。

背骨を中心として
「入」の字のように
体幹半分ずつを引き抜くように使うと
股関節は根元まできっちり折れる。
こうなると脚を開いたり、外旋したりが痛みなく出来る。

殆どの人が楽に感じられるようになるが
お腹が縮んで背中が丸くなっていたり
反り腰でやっていると感じられない場合もある。

お腹がのびてないとできないよ~というと
一生懸命お腹を意識するが
お腹を意識するとお腹に部分的に力が入る。
このコラムではお腹を伸ばすのにどうするかは書いている。
目に見える使い方ではインナーは動いてくれない。

この体幹の底を使う感覚は
うちではほとんど全員が感じることができた。

レッスンを受けて下さった方のアンケート。

「動画を見て動きは真似できるが
体の内側から来る感覚までは
レッスンを受けるまではわかりませんでした。」

そうだろうと思う。
誰もが持っているけれど
きっかけがなければ、その感覚に気づくことはなく
一生終わってしまう人が殆どだ。
ほんのちょっとの違いでしかないけれど
意識してみなければ、ほんのちょっとのことに
辿りつかないで終わる。

意識してみて、上手くいかないことを知って
アドバイスを求めて、また違うことを試して
少し変化して・・
すぐに感じられることも
なかなか感じられないこともある。
それも人それぞれ
あらゆることが合致するタイミングだったりする。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ