まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

骨盤の左右差修正、坐骨の感覚を感じてみる

ボディコントロール

2018年5月13日 / 2018年9月20日更新

骨盤の左右差修正、坐骨の感覚を感じてみる


骨盤の左右がある
坐骨の感覚が片方感じられない方
意外にたくさんおられますね。

この方も片側感じにくいところがあって
自分で考えてお家でこんなことをやっていると
見せて下さったのですが
少し感じてほしいところが違ってしまうので
そのやり方と意識の仕方を変えてもらうように
体勢を変えてもらい、一緒に考えました。

ここで感じてほしいのは
流れを通す道。
お尻を締めるとか力を入れるとかではなく
肩甲骨から脇、骨盤と長く引き伸ばし
骨盤から坐骨まで、お箸をさすように通してみます。
肩甲骨から股関節までのつながりを確かめる

骨盤は左右に動かさずに
坐骨歩きで前に進むような意識で。
体幹の中心から脚を分けて坐骨歩き
骨盤が左右に動くと、脇腹がつまめるほど上がってきて
目的とは違うところのいらない感覚が出てきます。

くれぐれも背骨を中心として内側から体幹を分けるように
体幹の底が動くと考えてみてください。
坐骨歩きの体勢を90度変えたもの。

とっても地味な動きですが
骨盤の左右差を修正でき
坐骨の感覚が育ちます。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ