まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

体幹の位置感覚の育て方を覚える

ワークショップ セミナー

2018年5月12日 / 2018年9月20日更新

体幹の位置感覚の育て方を覚える

いろんなアプローチから
体幹の位置感覚とインナーのつながりを身につけてもらうことを
このWSではやっているが、昨日は
それを自分自身の体の言葉に置き換えて育てていけるように
じっくり進めていった。

壁を使って肩甲骨~肘の意識付け肩甲骨1
肩甲骨から肘を長く無駄な力を抜く意識付け
壁を使ってやってもらった。
壁につけるところは肘の内側 肘の引っ張りの勘違いでも
説明している上腕内側上顆から、一番でている肘のでっぱりまでの
小さい面積の部分が当たるように押す。

肘内側に余裕を持たせる
壁を離れて肩甲骨~肘までの感覚を確認。
肘から先で曲げようとすると三角筋に力が入ったり
肘先が固まってしまったりするので、肘の内側に余裕を持たせて
肘先はいらない力が抜けて自由になるようにするのに
二の腕の内側を平たく使うことも大事だし
体幹裏側全体をしっかり使うこともいる。

膝内側に余裕を持たせる
これは脚でも同じ。

脛骨直下を通して開脚最初
脛骨直下を通して開脚2
脛骨直下を通して開脚
脛骨直下を通して開脚3
脛骨直下を通して開脚前屈
座骨と脛骨直下をつないで股関節の外旋から開脚へ
「開脚前屈は無理!」
とおしゃっていたが、何度もやるうちに
他の方にも手伝ってもらってここまで。
開脚は全員が痛みなく出来た。

感覚を見失った股関節の意識付け
感覚を見失った股関節の意識付け2
感覚を見失った股関節の意識付け感覚を見失った3
体のバランスが崩れて、股関節に痛みのある人。
途中まで同じようにしてもらいながら誘導して
股関節を引き込んで楽な開脚の意識付け2
流れがつながり痛みがなくなられたが
これから先、自分自身での意識付けを継続していくのが必須。

番外ー骨折した指のケア
番外。
骨折して治癒後の手指のケア。
小指は曲がって、他の指にはつかなかった。
見ると、マッサージの仕方も動かす方向も
流れが出来るものではなかったので
流れをつなげていくやり方を覚えてもらった後の写真。

あなたは痛いことが好きですか?
無理矢理に自分の体がついていけない方向に
引っ張られるのは気持ちいいですか?

誰もが痛いことは嫌だと思う。
自分が嫌なことは体だって嫌。
そうなると思うようには動いてくれない。
自然な流れを考えて心地よく少しずつ。
無理なことはどんな優れた体でもダメージが来る。
痛いのを我慢して、も体は慣れてくれない。

自分の体に無理のないアプローチで
体に問いかける時間。
自然に笑顔があふれる楽しさの中であっという間に過ぎた。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ