まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

体幹の推進力が使える状態とは?

ボディコントロール

2017年11月16日 / 2018年8月15日更新

体幹の推進力が使える状態とは?

先日のコラム
体幹の推進力を実感する
で感じて頂いている力のつながりはどんなものか
昨日、改めて説明してみました。


黒いゴムは力の流れと考えて下さい。
開脚した場合
背骨を上下に引き合い、体幹の底が床方向に向き
股関節を中心に引き込めると
脚は写真のようなベクトルで、中心に向かいつつ
送り出されて、背骨と連動して、大きな力を生み出します。

脚が横でなく床方向を向いて立ち、ジャンプするとすれば
背骨が伸び上がり、坐骨から押されて膝~踵、つま先へと
力の流れが及び、体幹の推進力が動きます。
スキージャンプも、脚だけで飛んでいるのでなく
体幹の推進力で飛んでいるのです。


体幹の推進力が生まれない例。
背骨は伸び、脚も伸びたけれど
脚を遠くに伸ばして矢印は外方向だけ。

黄色い〇印の中には脚は引き込まれていないので
今は背骨に模した黒いゴムは中心にあるけれども
背骨は脚に連れて行かれ
力の強いどちらかに引っ張られるか
背骨が縮んでしまい、伸びない状態になり
推進力はなくなります。
体幹が手足をコントロールできる状態ではないと言うことです。

骨の位置感覚、つながりが大事
脇や股関節の引き込みが何故いるのかが
わかると思います。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ